もももの部屋(家族を待っている保護犬たちと我家の愛犬のブログです)


カテゴリ:ちばわん関係( 51 )



ボランティア活動

一昨日、いつもの運搬で富里の千葉県動物愛護センターに行ってきました。
センターの様子はちばわんの「愛護センター・レポート」に掲載していますので
ぜひご覧下さい。→ 8月3日レポート
(この日は私がレポートの当番で記事を書いています)
f0121712_15443341.jpg

この日、センターで気になったのは、最終部屋に居たピットブルっぽい風貌の子。
(この子は今朝殺処分になってしまったと思います)
同室のオス犬に喧嘩を売られて何度かガウガウしていましたが、
人懐こくてしっかり目線を合わせてくる子で、
訓練を入れたらとびきり優秀なパートナーになりそうでした。
f0121712_1542747.jpg


そして選定室に長く居る秋田犬の男の子、とても穏やかな性格の子です。
目が不自由で鼻の上が剥げているうえ、毛の色も薄くなってしまっているので
「老犬」として紹介されていますが、もしかしたら秋田犬特有の免疫不全症かも知れません。
歯は真っ白でまだ若い感じがしました。
検疫も明けていていつでも出ることができますが、行先がありません。
センターで預かり先や譲渡先を募集しています。
f0121712_15502298.jpg


そして2日目のお部屋に居た秋田MIXっぽいの男の子。
15キロ前後の中型犬に見えましたが、外見だけでなく動作がとっても秋田っぽいんです。
この子もこのままお迎えがなければ(ないことが殆どです)
来週の火曜日には殺処分になってしまいます。
f0121712_15533315.jpg
f0121712_15534566.jpg


譲渡を検討くださる方、またはお預かりをしてくださる方がいらっしゃいましたら
どうかセンターレポートから所定の連絡先にご連絡ください。

※ご相談やご質問は私もできる範囲でお答えいたしますので
 鍵コメでお寄せください。


・・・センターに行くと、いつも「わが家ももう1匹預かれないか?」と思います。
特に預かり先がとても少ない成犬の男の子や身体の大きな子には心が揺れます。
f0121712_1651210.jpg

★現在のピカピカになった茶々くんの様子はこちらをご覧ください → 「茶々日記」

でも、今の我が家の状況では先の見えないもう1匹はちょっと難しい・・・
綾ちゃんを入れた3匹でのお散歩がまだ難しいので、現在お散歩が1日4回。
さらに綾ちゃんは足を鍛える必要があるので、朝夕の涼しい時間帯に
しっかり歩く必要があり、これだけで忙しい時は精いっぱいなんです。
(最近歳のせいか体力的にもキツいです・・・)
f0121712_1614796.jpg

f0121712_16141632.jpg

さらにもう1匹迎えてしまうと、平日のセンター運搬などもできなくなってしまいます。
(平日の朝早くからバリケンと犬を積んで富里のセンターと船橋間を往復できる運搬は
 とても少ないのです)
でも、お散歩に行けなくても、運搬ができなくても、命のほうが大切ではないか・・・
センターに行った後数日は、頭の中で押し問答してしまいます。
冷静になると答えは「NG」って解っているのですが、ぐるぐる考えます。
私にもう少しキャパシティーがあって犬の扱いが上手かったら・・・と
いつも思います。
f0121712_16172558.jpg


   *     *     *     *     *

ブログトップの「お知らせのページ」にバナーを置いていますが
「ちばわん」の「愛護センター・レポート」は頻繁に更新されています。
犬猫たちの置かれている現状はもちろんのこと、
ボランティア達の想いや活動ぶりなどが紹介されていますので
ぜひ目を通していただければ・・・と思います。
確かに目をそむけたくような現実も多いです。
しかし、僅かづつではありますが前進しています。
f0121712_16214384.jpg


「レスキュー活動は一度足を踏み入れれば抜け出せなくなるから嫌だ!」
私が保護犬の預かりをしていると言うと、よく言われる言葉です。
確かに、預かりは楽にできるボランティアではありません。
しかし、活動は預かりだけでなく、犬猫の運搬や里親会等のイベントのお手伝いなど
空いている時間を利用してできることもたくさんあります。
センターでの清掃ボランティアもまだまだ人手が足りません。
※ちばわんでは常時各種ボランティアを募集しています。
 お問い合わせはこちらから → ちばわんHP

ひとりひとりができることは非常に小さくても集まれば大きな力になります056.gif
現状を知って広めていただくだけでも、そこから保護犬猫の里親になってくれる人に
つながるかも知れません。
どうかよろしくお願いいたします。

★綾ちゃんを大切にしてくれるご家族を募集しています!
☆詳細はこちらからご覧ください
 ⇒ ちばわんHP(成犬メス募集【NO.1521】 )
※ご質問やお問い合わせはこのブログでも受け付けておりますので鍵コメでお寄せくださいね!!

★施設の秋田犬にもう一度幸せを~応援のひとポチをお願いいたします(__)
⇓  ⇓  ⇓

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

にほんブログ村
by mochamama | 2011-08-05 16:26 | ちばわん関係 | Comments(4)


久しぶりの品川いぬ親会

昨日はちばわんの品川いぬ親会&ねこ親会でした。
午前中は半袖Tシャツでも暑いくらいの青天058.gif
品川会場は屋内、それも駅から近い場所ですが
それでもやはり来場者数はお天気に左右されます。
f0121712_1792100.jpg

私もしばらくぶりに品川にお手伝いで参加しました。
ブリトニーちゃん(旧:凛ちゃん)が居るときは
凛ちゃんをモカパパに任せて外出することができなかったので
品川に行くのは半年ぶりでした。
f0121712_1792799.jpg

私はいぬ親会場のお手伝いでしたが、
たくさんのご来場者にびっくりするくらいの盛況でした005.gif
いつもは比較的ガランとしている成犬のお部屋も最後までにぎわいました。
f0121712_1793710.jpg

バタバタして1Fのねこ親会場を覗く時間がなかったのですが、
こちらも大盛況だったようです056.gif

震災の影響で保護動物に対する関心が高まっています。
会場でも「これは全部震災被害の犬たちですか?」と質問を受けました。
(そうではありませんが・・・)
●↓可愛いくておりこうなこの子はこーままさん家のぶどうちゃん
 赤い糸はつながったかな?
f0121712_17104020.jpg


震災による被災動物も、人災被害の福島避難地域の動物も、
そして人間の勝手でセンターに持ち込まれたり捕獲される犬猫も
命の重さは一緒です。
どうかこれが一過性のブームで終わりませんように・・・
●↓写真はとってもキュートなみりちゃん大五郎くん
f0121712_17321694.jpg


いぬ親会終了の3時ごろにポツポツと降り出した雨が
片づけを終えて帰るころにはなんと大雨・・・057.gif
小止みの時を狙って駐車場まで走り「大井南」のICに入ろうとしたら・・・
要人が羽田から帰国するとのことで入口を封鎖中008.gif
びしょ濡れのおまわりさんが一台一台の車に声をかけています。
てっきり検問だと思って免許証を用意していると
「すみません・・・15分閉鎖の予定が雨のせいか遅れてまして・・・
道路と飛行機の状況次第で我々もどうしようもありません・・・」と
とても申し訳なさそうな事情説明。
浦安までと行先を告げると、「一般道も同じような状況だと思いますので
このまま待たれてもあまり変わらないと思います」と教えてくれました。

幸い、それから15分くらいで封鎖は解除になって
ガラガラの高速を走って、あっという間に帰宅しました。
丁寧で真摯な態度のおまわりさんのおかげで
イライラすることもなく帰宅できました。

帰宅したら大歓迎してくれたかわいい姉妹♪
私が出かけた後、すぐモカパパが姉妹をお散歩に連れて出たら
モカ姉さんがヒャンヒャンと言いながら必死に私を探してくれていたそう016.gif
f0121712_17402729.jpg

どうやら私が外で待っていると思っていたみたいです(ごめんね~)。
そして黄色いFITが通ったら、ふたりともダッシュで追いかけようとしたそうです。
他の色のFITには反応しないので、
「犬は色が理解できないというけれど、判別はつくのではないか?」とモカパパ。
そういえば公園の駐車場でもすぐに自分の車を見つけるのは
まず視覚で判別しているのかもしれないな~と思いました。
f0121712_17432655.jpg

もちろん、今日は昨日の罪滅ぼしにたくさんお散歩しましたよ056.gif
f0121712_17462634.jpg

by mochamama | 2011-05-23 18:13 | ちばわん関係 | Comments(8)


千葉県動物愛護センターへ行ってきました

昨日、約2か月ぶりに動物愛護センターへ行ってきました。
いつもセンターへ行くときは、ちょっと寄り道して引出犬のケージなどを
積んでいくので、朝8時すぎに家を出ます。
f0121712_1105216.jpg

帰宅時間は運搬先によりますが、たいてい夕方になるので
我が家の犬たちは珍しく長いお留守番。
モカ姉さんもべっちゃんもバリケンでのお留守番は慣れていますが
凛ちゃんもお留守番は得意なので、
サークルの中でのんびり待っていてくれますよ001.gif
f0121712_1111073.jpg


千葉県の動物愛護センターは犬たちにとって非常にきびしい場所です。
ここでは、オスメス関係なく、仔犬から老犬までたくさんの犬たちが一緒に収容され
喧嘩も勃発します。
収容された犬たちは暗く冷たい環境で怖い思いをしながら、
一番端にある殺処分機に向かって、毎日ひとつづつ部屋を移動してゆくのです。
(人間だったら発狂してしまうと思います)

そしてあまりに収容数が多いので、いくら職員さんや清掃ボランティアががんばっても
感染症の根絶は至難のわざです。
数少ない検疫の切符を手に入れても、感染症で命を落とす子のなんと多いことか。
嘔吐と下痢に苦しみ、冷たく固いコンクリートの上で寂しく死んでいくのです。

捕獲犬の中には、きちんと手入れされて立派な首輪をつけた
明らかに「迷子」だと思われる子も居ます。
首輪に迷子札や鑑札がついていたら、身体にマイクロチップが入っていたら
こんな思いをせずにお家に帰れるのです。
迷子にはさせないのが一番ですが、大きな余震も続くいま
何が起こるかわかりません。

どうかみなさん、今一度、首輪の金具の点検と
鑑札や迷子札の確認をお願いします。
そして感染症の予防のためのワクチン接種も忘れずに行いましょうね034.gif

以下はちばわんの愛護センターレポートに掲載したものと同じですが
できるだけ多くの方に現状を知っていただきたいのでこちらにも載せます。

====================================

検疫が明けた犬たちの引き出しのためセンターを訪問しました。
先週は満開だったという桜はすっかり葉桜になっていましたが
新緑の美しさが際立つ木々や若いウグイスの澄んだ声に、
一瞬、ここがどこであるかを忘れました。
しかし、施設の建物の中から聞こえてくる犬の悲しげな吠え声が
すぐに現実に引き戻してくれました。

この日は子犬舎からの引き出しがないため、抑留棟のみを訪問しました。
私は約2か月ぶりのセンター訪問でしたが、
抑留棟内でも「廊下を挟んで右手(大部屋ではない方)から先に見学する」という
ルールが更に徹底されていて、
センターの方々の感染症防止に対する想いが伝わってきました。

ここでは先に大部屋の紹介をします。
<1日目の部屋>
早い時間だったので当日の捕獲犬はまだ入っておらず、
ちばわんでこの日引き出す犬たちが入っていましたので、引出後は空になりました。


<2日目の部屋>
検疫中の赤い紐がついた2匹と
19日の捕獲犬2匹の合計4匹が居ました。
▼14日に検疫お願いした子です。元気そうでした。
f0121712_1050445.jpg

▼ks110419-01 旭市蛇園 雑 茶黒 オス(4月28日期限)
じっと動きませんでしたが、まだ若そうな穏やかな子でした。
収容犬情報では「皮膚病」とありますが、掻いたり気にしている様子はありませんでした。
f0121712_10501064.jpg

▼(右側)sa110419-01 九十九里町片貝 雑 白茶 メス(4月28日期限)
とても人懐こい、性格の良さそうな子でした。
(左側の黒い子も、14日に検疫をお願いした子です)
f0121712_10501633.jpg
f0121712_10502418.jpg


<3日目の部屋>
検疫中の赤い紐がついた柴犬1匹と
18日の捕獲犬6匹の合計7匹が居ました。
赤い紐がついていない子の収容期限は4月28日と表示されています。
f0121712_11183562.jpg

▼ (下左)in110418-04 富里市御料 セッター 白茶 オス
     ※すっと丸まっていました。痩せているので寒いのかも知れません
 (下右)in110418-02 成田市長田 雑 白 オス
     ※警戒吠えしていましたが、やや小ぶりの可愛い子でした
f0121712_11184378.jpg

▼ in110418-01 四街道市大日 柴雑 茶白 オス
 ※ずっと丸まってじっとしていました。
f0121712_11273741.jpg

▼(右)yo110418-01 匝瑳市吉崎 ビーグル雑 白茶黒 オス
    ※おとなしくじっとこちらに注目していました
f0121712_1133498.jpg

▼(上)in110418-03 成田市西大須賀 雑 白 オス
    ※一度もお顔を見せてくれませんでした
 (下)sa110418-01 横芝光町宮川 雑 白茶 オス
    ※じっとうずくまったままでしたがこちらに注目していました
f0121712_11373154.jpg


<4日目の部屋>
検疫中と思われる3匹と
15日の捕獲犬2匹の合計5匹が居ました。
f0121712_11532448.jpg

▼15日の捕獲犬のうち真ん中の白いメスの検疫をお願いしました。
 ・in110415-01 富里市十倉 雑 白 メス
  ※やや臆病ですが、攻撃性はなく穏やかな子です。
▼一番手前 sa110415-01芝山町高田 雑 茶 オス 4月21日収容期限
 前の茶色い子だけが残ってしまいました。
 とても利口そうな子でじっと目をみつめられました。
 助けてあげられなくて本当にごめんなさい。
f0121712_11533017.jpg


<最終のお部屋>
たくさんの犬たちが居ました。4月21日収容期限です。
このレポートをご覧いただく頃にはもう二度と会えない子達です。
お部屋の中にひどい血便もありました。
f0121712_12244288.jpg

f0121712_12245635.jpg

f0121712_12251141.jpg

▼この中から元気な2匹の検疫をお願いしました。
f0121712_12253373.jpg

f0121712_12254429.jpg

f0121712_122557100.jpg



次に、廊下を挟んで右側の部屋・譲渡室と選定室です。
ほとんどが検疫中の犬たちです。
f0121712_13272460.jpg
f0121712_13273378.jpg
f0121712_13274060.jpg

選定室には離乳したばかりと思われる仔犬がいました。
まだ母親のぬくもりが必要な仔犬たちです
数年前乳飲み子のときにセンターに持ち込まれた、我が家のベスの姿と重なりました。
f0121712_1328982.jpg

要らない命なら生ませないでください!
不幸な命をこれ以上増やさないため、どうか不妊・去勢手術をしてください!!
f0121712_13282759.jpg
f0121712_13283810.jpg
f0121712_13284669.jpg

▼右のスタンダード・ダックスはこの日引き出しました。
f0121712_13285511.jpg

どの子も検疫明けまでどうか元気に乗り切って、
素敵なご家族に巡り合ってほしいと思います。

本日引き出した犬たちの一部です。
この日は抑留棟から合計14匹を引き出し、
各方面の運搬さんの車に乗って、預かりさん宅に向かいました。
f0078320_13391154.jpg
f0078320_13392190.jpg
f0078320_13392949.jpg
f0078320_133935100.jpg
f0078320_13394220.jpg
f0078320_13395227.jpg
f0078320_1340036.jpg

f0078320_22531229.jpg

f0078320_13401737.jpg
f0078320_13402723.jpg

体調が整い次第、いぬ親さまを募集を開始いたします。


                   *    *    *


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *

★保護犬への理解と凛ちゃんの赤い糸探しのために参加しました。
 ↓ポチッとお願いいたします(__)

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
by mochamama | 2011-04-21 22:59 | ちばわん関係 | Comments(8)


動物愛護センターへ行ってきました

一昨日の金曜日、動物愛護センターへ引出と運搬のお手伝いに行ってきました。
みぞれ混じり冷たい雨が降る午前中、
引出用のバリケンを組み立てる指先が冷たさを通り越して痛かったです。
特別寒さの厳しい今年の冬、濡れた冷たいコンクリートの上で
恐怖や不安にさいなまれている犬たちにとって、どれだけ厳しい環境か・・・
この現実を多くの人に知ってもらいたいので、
ちばわんの「愛護センターレポート」に載せた内容と同じですが
こちらにも記載します。

こうやってボランティアの目に触れる機会のある本所に収容された犬たちの他に
支所や定点収集でいきなり最終部屋に入り、
翌早朝に処分されてしまう犬たちも沢山います。
夷隅の保険所には2週続きで秋田の女の子(成犬)が入りました。
先週処分になった凛ちゃんに似たまだらの子は
木曜にセンターを訪問したスタッフが
移送後に最終部屋に入れられたのを写真に撮ってくれていました。
性格の良さそうな子だったそうです・・・
※↓2月3日(木)のちばわん愛護センターレポートより写真をお借りしました
f0121712_11144416.jpg


助けてあげたいけど、凛ちゃんを隔離状態で預かっている我が家では厳しく
さらに私が3月に帰省することもあってお世話もできない・・・
もっとがんばればなんとかなるかも・・・という思いと、
これ以上個人の生活を犠牲にしてはいけないという思いの狭間で心が揺れます。




************************************
冷たい雨が降る寒い日、途中から合流したスタッフを含め総勢8名で
検疫の明けた犬たちを引き出しました。

まずはいつものとおり子犬舎へ。
子犬舎横の慰霊碑には、いつもきれいなお花が供えられています。
f0121712_522762.jpg


向かって左の小さい子達が収容されている子犬舎には6匹の子達。
皆、とても元気にしていました。
f0121712_514384.jpg

f0121712_523555.jpg


向かって右の子犬舎には6匹の子達。
比較的月齢が高いとは言ってもこちらの子達もまだまだ幼い感じで、子犬らしい活発さでじゃれ合っていました。
ここから、先月からいた3匹の子達を引き出しました。
f0121712_5102435.jpg
f0121712_5103243.jpg



次に収容棟です。
【1日目の部屋】
早い時間だったので、まだ当日の捕獲犬は収容されておらず検疫中の子達が居ました。
ここから、右端のセッターの子を除く4頭全部を本日引き出しました。
セッターの子は寒さのせいかずっとガタガタ震えていましたが
ほかの子達が次々と部屋から出されるのを見て、自分も外に出たいと
一生懸命アピールしていました。
他団体さん引き出し予定だそうです。それまでどうか頑張って!!
f0121712_5195060.jpg


【2日目の部屋】
検疫中の子1匹と前日(8日)の捕獲犬3匹が収容されていました。
手前のリボンのついた子以外の3匹が前日の捕獲犬、収容期限は2月17日です。
・手前右 ラブラドール系雑種オス(in110208-03)←返還になったと思われます。
・奥左  コッカースパニエルオス(in110208-04)
・奥右  黒茶トラ雑種オス(yo110208-01)
※収容犬情報はこちらから見ることができます ⇒ 収容犬情報-本所
右端の黒茶トラの子は写真うつりが悪いのですが、
まだ若犬のような綺麗な子で、賢そうな目でじっと私たちを見つめていました。
以前私がお預かりしていた子にとてもよく似ていて、胸が締め付けられました。
f0121712_538294.jpg

f0078320_12514835.jpg


【3日目の部屋】
左手前の検疫中の1匹(セッター)と7日捕獲の3匹が収容されていました。
奥の2匹は臆病なのか丸まったまま動きませんでした。
(収容犬情報からお顔が確認できます)
収容期限は2月14日です。どうかみなお迎えが来ますように。
f0121712_552181.jpg

・左 黒雑種オス(yo110207-02)
・中 ダルメシアンオス(in110207-01
・右 白雑種メス(yo110207-01)
f0121712_1154471.jpg


【4日目の部屋】
検疫中の4匹と4日捕獲の2匹が収容されていました。
4日捕獲の2匹のうち、
テリアっぽい中型の子は高齢らしく、うずくまったままお顔を見せてくれませんでしたが
穏やかな感じでした。(収容犬情報からお顔が確認できます)
・テリア系雑メス(sa110204-01)
f0121712_617019.jpg

白っぽい薄茶短毛中型のもう1匹はとても人懐こくて若く、
出して~!!と盛んにアピールしていました。
鑑札や迷子札さえついていれば暖かいお家に帰れるのに。
この子の家族は探していないのでしょうか・・・収容期限は2月14日です。
・雑種オス(in110204-01)
f0121712_616534.jpg

f0121712_617956.jpg


【最終の部屋】
2日と3日の捕獲犬+持ち込みや期限切れ移送の子たちが7匹収容されていました。
(金曜日が祝日のため、収容用犬情報によると収容期限は2月14日となっています)
靴下と長靴を履いていても冷たいコンクリートの床で
さぞかし冷たく、怖く、寂しく、悲しいだろうと思いますが
私にはどうしてあげることもできません・・・。
f0121712_9521947.jpg
f0121712_9523041.jpg

この中から下の3匹を検疫にかけてもらいました。
f0121712_9572476.jpg
f0121712_9573837.jpg

f0121712_9575316.jpg


上のお部屋の写真の2枚目、餌箱の前で伏せている白茶の子(yo110203-01 オス)は
預かり希望を申し出たスタッフがいたため職員さんに検疫をお願いし、その準備をしていたまさにそのとき・・・・・目の前した便と、どうやら吐き気もありそうなその様子は、感染症の発症を強く疑わせるものでした。
その状態でワクチン接種するわけにもいかず、検疫を諦めるしかありませんでした。
この子1匹だけを別部屋で完全隔離するのが難しい以上
ほかの大勢の子への影響を考えるとやむを得ないことです。
もとの飼い主がワクチンをきちんと打っていれば、
この子は感染症を発症することもなく無事に検疫を終えることができたはずです。
犬猫収容数が多過ぎる現状のセンターでは、いくら職員さんやボランティアが努力しても
感染症のウィルス根絶は困難です。
もしも愛犬が迷子になって、このような施設に収容されたら、ワクチンが命綱になるのです。

残った子の情報です。
(1)茶(鼻黒)オス(ks110202-02)13~14キロくらい 
(2)黒茶メス(ks110202-01)12~13キロくらい 
どちらも穏やかそうな子です。
この2匹は捕獲日と捕獲場所が同じなので一緒に飼われていたかも知れません。
f0121712_10195746.jpg

↓部屋の左奥で丸まっていたこの茶色の子は、
一度こちらを振り返ってくれたのですが、
お顔の写真を撮ることができませんでした。
・茶メス(kt110202-01)の子だと思われます。
f0121712_1020840.jpg


そして、廊下の向かい側、検疫室で検疫明けを待っている子達のようすです。
この日はT先生が不在のため詳しいことは解りませんでしたが
おおむね元気にしているように見えました。
↓この若犬はとてもフレンドリーで「遊ぼう!」と何度も飛びついてきました。
f0121712_1123737.jpg
f0121712_11231560.jpg
f0121712_11232831.jpg
f0121712_11233913.jpg
f0121712_11234948.jpg

ステンレスケージの部屋(通称子犬室)は小型の成犬2匹と子犬6匹だけでした。
f0121712_11334331.jpg

f0121712_11332832.jpg

f0121712_11335723.jpg
f0121712_11341265.jpg

↓鑑定室にいたこの元気なビーグルは家族がお迎えに来てくれました!
f0121712_11115971.jpg


最後にこの日引き出した子達です。
子犬舎から↓の元気な3匹と
f0121712_11415575.jpg
f0121712_1142891.jpg

収容棟から↓の7匹、合計10匹を引き出しました。
f0121712_11511161.jpg
f0121712_11512292.jpg
f0121712_11513362.jpg
f0121712_11514354.jpg
f0121712_11515563.jpg
f0121712_1152518.jpg
f0121712_11521662.jpg

各預かり家庭で健康状態の確認を終え次第、いぬ親さまを募集いたします。
応援よろしくお願いいたします!

************************************
センターから帰宅後、ふだんはほかの犬のニオイに興味のない凛ちゃんが
一生懸命私の顔や髪のニオイを嗅いでいました。
(洋服は玄関で着替えてから家に入ります)
検疫や引出で抱っこした犬のニオイがついていたのでしょうね。
犬同士はニオイで相手の感情までわかるといいます。
凛ちゃん、どんなメッセージを読み取っていたのでしょうか・・・
※検疫中の凛ちゃん(11月18日のちばわん愛護センターレポートより)
f0121712_11243872.jpg



★今まで寂しい思いをしてきたであろう凛ちゃんをたくさんの愛情で包んでくれる
いぬ親さまを募集しています。
詳細はこちらからご覧ください!
 ⇒ ちばわんHP(成犬メス募集【NO.1287】 )
※ご質問やお問い合わせはこのブログでも受け付けておりますので
 鍵コメでお寄せくださいね!!

★保護犬への理解と凛ちゃんの赤い糸探しのために参加しました。
 ↓ポチッとお願いいたします(__)

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
by mochamama | 2011-02-11 11:14 | ちばわん関係 | Comments(14)


チェルシーちゃんのこと

ちょっと時間が経ってしまいましたが・・・(^^;)
秋分の日の23日、お試し生活中の‘チェルシーちゃん’の
正式譲渡にお伺いしてきました。
(チェルシーちゃんのことはこのブログでご紹介していなかったので
改めてご紹介させていただきますね)

チェルシーちゃんのいぬ親さんは
我家の卒業犬;沙羅ちゃんのいぬ親さんのご友人です。
今年の6月に愛犬ジョン君を19歳で看取り、
ちばわんから次の子をと考えてくださっていたところ
8月初旬の愛護センター・レポートを見てチェルシーちゃんを見初めてくださいました。
チェルシーちゃんは、亡き愛犬のジョン君が夢の中で連れてきてくれた子に
そっくりだったそうです。
f0121712_1310761.jpg


チェルシーちゃんが検疫を受けていた8月、センターでは感染症が蔓延していました。
猛暑で犬達の体力が奪われるなか、収容される犬の数は増えるばかり。
体力の低下とストレスで抵抗力のなくなった犬達をウィルスは容赦なく襲い
ワクチンによる免疫のない犬はひとたまりもなかったと思います。
職員さんも、お掃除ボラさんも、全身汗だくで必死にお部屋の洗浄と消毒をしてくださり
お部屋はピカピカだったにもかかわらず・・・
いつも満員のステンレスケージのお部屋(通称;子犬室)にも犬の姿は数匹。
検疫室も感染症の出たお部屋が封鎖されてました。
チェルシーちゃんが最初居た検疫室も感染症の子が出て心配しました。
ちょうど、今、沙羅ちゃん家でお預かり中のたまきちゃんも同じ時期に検疫中で、
いぬ親さんや沙羅ちゃんご一家と一緒に、
ふたりとも無事に検疫を乗り越えてくれることをひたすら祈りました。
f0121712_1316848.jpg

f0121712_13235913.jpg


そして無事迎えた検疫明けの日♪
お迎えに行ったとき、チェルシーちゃんは千代丸と茶々丸と同じお部屋に居ました。
元気に検疫を乗り越えてくれたチェルシーちゃんでしたが、そのわずか2日後に
千代丸が感染症を発症しました。
f0121712_13395333.jpg

f0121712_13393720.jpg

千代丸の両隣で検疫中だったラクータくんと茶々丸は鑑定室に移動
発症の翌々日に千代丸が力尽き、この検疫室は封鎖されました。
f0121712_1355392.jpg

検疫期間を無事に乗り越えるのはとても大変なことですが
チェルシーちゃんが元気にお外に出ることができて本当に良かったと思います。
f0121712_1341012.jpg


そして一月ぶりに会ったチェルシーちゃんは
ガリガリだった身体が少しふっくらして毛艶も良くなり、
すっかりいぬ親さんに甘えていました056.gif
f0121712_1445897.jpg

最初は相性が心配された先住猫のももちゃん
(1歳位のときに保護した猫ちゃんで12歳になるそうです)ともすっかり家族になって
お揃いの可愛いお洋服で迎えてくれました♪
f0121712_1412862.jpg

f0121712_14122241.jpg

いぬ親さんは動物の専門学校で学び、動物関連のお仕事をされている
とても動物好きな方です。
お家にはミニうさぎのジャスミンちゃんも居ました016.gif
f0121712_1428767.jpg

先代犬のジョン君もチェルシーちゃんをいつも見守ってくれています。
f0121712_14282153.jpg

チェルシーちゃん、優しいママが見つけてくれて良かったね053.gif
これからもずっとずっとママに守られて元気で安心して生活してね!!
f0121712_14363739.jpg


センターを無事に出られさえすれば、みな幸せな将来に向かってスタートを切れます。
生きていた証がもはやセンターレポートの写真だけになってしまった子たちも
預かり先さえあれば、今もこの世で笑ってることができたのです。
ちばわんでは預かり家庭を常時募集しています。
預かりボラは決して楽な仕事ではありません。
むしろ預かりっ子や先住犬の性格・状態によっては非常な苦労をすることも多いですが
同時に楽しいこと、嬉しいこと、そして犬の飼育者として勉強になることも多いです。

また、センターから引き出したわんちゃん達を預かり家庭にお届けする
運搬さんも不足しています。
運搬は我家のような小型車でも、私のような中年女性でもじゅうぶんお手伝いできます。
平日に時間が取れる方、わんにゃんたちの命をつなぐお手伝いをしてみませんか?
センターは東関東自動車道の富里インターから15分ほどです。
※預かりや運搬などのお問い合わせはこちらまで → ちばわんHP 
by mochamama | 2010-09-28 15:24 | ちばわん関係 | Comments(0)


千代丸、安らかに・・・

昨日、センターで検疫中の秋田犬が死にました。
仮の名を千代丸(ちよまる)、来週から我が家でお預かりする予定で
楽しみに待っていました。

先週の木曜日、センターの最終部屋にいた千代丸、
諦めた様子で伏せている姿を検疫室のガラス越しで見ると老犬に見えました。
f0121712_54122100.jpg


この日の最終部屋は元気な犬が多かったせいか賑やかでした。
この部屋から検疫する予定の子を選ぶために窓を開けたら
みな「ここから出して~」と精一杯アピール。
その様子に千代丸も窓の側まで寄ってきてくれました。
f0121712_5421583.jpg


目はたくさんの目ヤニで汚れ、被毛もボサボサ。
でも、歯は白くてきれいで老犬ではありませんでした。
f0121712_5454494.jpg
f0121712_5455179.jpg

私たちが千代丸に注目しているのを感じると
千代丸は大きな身体を持ち上げて窓から身を乗り出し
せいいっぱいアピールしてくれました。
お口に手を入れて歯の状態を見てもぜんぜん平気で
とても人懐こい子でした。
職員さんに尋ねてみると、前日に飼い主が持ち込んだとのことで
飼い主の申告によると年齢は7歳でしたが・・・
歯の様子からもう少し若いように感じました。
f0121712_558872.jpg



とても人懐こい千代丸、助けてあげたいけど・・・
私はその日別の大き目のオスの成犬を検疫にかける予定で
同時に大きな成犬のオスを2引きもお預かりすることはとても無理・・・
後ろ髪を引かれながら他のスタッフ達を追って収容棟を後にしました。

外に出てからも気になって気になって・・・
もうひとり千代丸のことをとても気に懸けていたスタッフと相談、
あとさきをあまり考えず収容棟に引き返して千代丸の検疫をお願いしました。

※引き返すと、他支所から移送されてきた子達が最終のお部屋に入っていました。
 皆、引き返した私を笑顔で迎えてくれましたが・・・
 この子達は翌朝の殺処分になりました。
f0121712_5471659.jpg


4日後の今週月曜日、私は別の子の引き出しのお手伝いで
センターに行ったのですが、そのとき、千代丸はとても元気で
検疫室の柵越しに精一杯甘えてくれました。
f0121712_553494.jpg
f0121712_5535695.jpg
f0121712_554343.jpg
f0121712_5541092.jpg


「また来週ね~!」なんて軽く挨拶して廊下に出た私たちを
柵から頭を出していつまでも見送ってくれた千代丸、
検疫中の犬は必要以外は触らないのが原則なので
甘えてくる千代丸を撫でてあげなかったんですが
こんなことになるんだったら、もう一度引き返して
思い切り撫でてあげればよかったと後悔しています。
f0121712_5542315.jpg
f0121712_554295.jpg


感染症にかかったようだと副代表から連絡を受けたのは
その僅か2日後のことでした。
でも、大きな身体でなんとか乗り切ってくれると信じていました。
モカパパや千代丸のことを気に懸けてくれる人たちと
回復を祈っていましたが・・・千代丸は力尽きてしまいました。
下痢と嘔吐で苦しい最期だったと思います。
どんなに望んでも、もう二度と千代丸を撫でてあげることはできなくなりました。

前の飼い主がワクチンさえ打ってくれていれば
感染症にかかることもなかったのです。
千代丸の命をいらないと思った飼い主は、幸せになる筈だった
第二の犬生までも千代丸から取り上げてしまいました。
でも、こんな飼い主でも千代丸は迎えに来てくれるのを
ずっとずっと待っていたのだと思います。

千代丸、さようなら。
大きな身体の千代丸がサークルを壊しては大変!などと要らぬ心配をして
モカパパが注文してくれた予備の品が昨日届いたんだよ。
我が家でゆっくり休んでほしかったけど、それも無理になってしまったね・・・
どうか安らかに眠ってください。
天国でまた会おうね・・・
f0121712_5561559.jpg

by mochamama | 2010-08-28 05:23 | ちばわん関係 | Comments(24)


センターに行ってきました

一昨日の火曜日、センターに犬の引き出し&運搬に行ってきました。
涼しい部屋でくつろぐ姉妹を見ながら、
この猛暑のなか犬達はどうやってしのいでいるのか・・・と思っていたのですが
到着すると犬の様子を見るのと引き出し作業に夢中になってしまい
暑さを気にする心の余裕がありませんでした002.gif
(センターでは感染症防止のために使い捨てレインコートを着用するので
暑さに麻痺してしまっていたのかも知れませんが・・・(^^;))

ただ、抑留棟ではダルそうに横たわっている犬が目立ちました。
これは暑さのためもあるのかも知れませんが、具合が悪いようにも見えました。
仔犬に感染症が流行したことが頭にあるので、そう見えてしまうのかも・・・ですが。
どちらにしてもセンターの環境は苛酷なことに変わりないですね。

ちばわんの愛護センターレポートに載せたものとほぼ同じ記事ですが
こちらでご覧くださる方もいらっしゃると思いますので掲載いたします(↓)。

****************************

最高気温が35度に迫る猛暑のなか、Yさん、運搬Hさんの3人で訪問し
仔犬&成犬あわせて10匹の引き出しを行いました。

到着してすぐ、車に積んだバリケンを下ろしていると
「今日は引き出しですか?」と声をかけられました。
ちばわんのお掃除ボラさんで、清掃を終えられたところでした。
私が首から下げているちばわんの名札を見て
「今日も引き出しがあったんですね!」と喜んでくださいました。
この暑さのなか、感染防止の雨合羽を着ての作業は引き出しだけでも
ぐっしょりと汗をかくのに、
さらにお掃除の力仕事はとてもとても大変だと思います。
本当にお疲れさまでした!!

まず、最初に仔犬舎の見学&引き出しを行いました。
向かって右手の仔犬舎にはちょっと大き目の子が6匹。
ここから3匹を引き出し、黒い男の子3匹が残りました。
みなとても元気で人が大好きな性格の良い子です。
(元気すぎて写真がブレブレで申し訳ありません)
f0078320_15134319.jpg
 
▲人懐こい黒ラブ風の2頭、どちらも男の子だそうです。

f0078320_15135677.jpg

▲こちらも男の子です。毎日お世話されている職員さん曰く、とっても良い子!だそうです。
※この3匹はちばわんで譲渡先・預かり先を募集しています。

仔犬舎から引き出した子達です(↓)
f0078320_15141436.jpg

▲先に兄弟が出て残っていたこの子も、お外に出ることができました!
まだちょっとビビリさんですが、すぐに慣れると思います。

f0078320_15143491.jpg

▲写真写りが悪くなってしまいましたが、小柄でとても可愛らしい女の子です。
(このちょっとシャイな可愛い子はこちらのブログに登場しています♪)
f0078320_15145369.jpg

▲この子は既に歯が永久歯に生え変わっていました。
小柄で明るい子女の子です。


左手の仔犬舎には小さい子達が5匹。
みな元気で人懐っこい子たちです。
f0078320_1515824.jpg

▲茶色の元気な男の子たち。

f0078320_15152486.jpg

▲茶色の女の子

f0078320_15155131.jpg

f0078320_15161077.jpg

▲お耳がハゲてしまっていますが、元気いっぱい!
 男の子と女の子だそうです。

抑留棟です。
<1日目のお部屋>
当日(20日)の捕獲犬と(おそらく)持ち込みの犬が収容されていました。
f0078320_15162564.jpg

f0078320_151635100.jpg

f0078320_15165339.jpg

▲この大き目中型の白い子は、人懐こく性格が良さそうでした。

f0078320_1517511.jpg

▲この柴の男の子は、早速飼い主さんのお迎えがあったようです。
良かったね!!


f0078320_15172174.jpg

▲収容犬情報情報(in100720-05)のきれいな女の子、
まだ仔犬のように見えました。
※収容犬情報はこちら(→ここをクリック)から見ることができます。

<2日目のお部屋>
16日の捕獲犬2匹が収容されていました。
相性が良くないらしく、しばしばお互いに吠えあって威嚇していましたが、
取っ組み合いにまで発展することはありませんでした。
f0078320_1517407.jpg

▲kt100716-01の男の子

f0078320_15175240.jpg

▲kt100716-02の男の子

<3日目のお部屋>
15日の捕獲犬2匹と他に2匹、合計4匹が収容されていました。
f0078320_1518714.jpg

f0078320_15182395.jpg

▲kt100715-01の女の子、とてもキレイで賢そうな子でした。

f0078320_15183421.jpg

▲kt100715-02の女の子、写真がブレてしまいましたが、
こちらも人の目をじっと見つめる賢そうな子でした。

f0078320_15184533.jpg

f0078320_15185690.jpg

▲この小柄なセッターの女の子は検疫中ですが、引き取り先が見つかっていないそうです。
とても人懐こく、お尻尾フリフリの明るい女の子です。ちばわんで預かり先を募集しています!!
(セッター以外の子も、譲渡先・預かり先を募集しています)

<4日目のお部屋>
14日の捕獲犬2匹が収容されていました。
f0078320_1519898.jpg

f0078320_15192336.jpg

▲kt100714-01の男の子(大きめの黒ラブ)

f0078320_15193876.jpg

▲sa100714-01の男の子 とても人懐こく近寄って来て、真っ白な歯を何度も見せてくれました。

この大き目の2匹はとても気が合うようで、いつもふたりで声も出さずに笑顔で遊んでいます。
ここが普通のお家なら本当に幸せそうで微笑ましい光景なのですが
センターのこのお部屋ではかえって不憫さがつのりました。
まだどこからも声はかかっていません。
f0078320_15195016.jpg

f0078320_1520280.jpg

※7/22追記;黒ラブのほうは返還予定になったそうです

<5日目(最終)のお部屋>
10頭以上の犬達が居ました。
連休があったので収容期限が22日に延期表示されていますが
この頭数だとそれも難しいかも知れません・・・。
f0078320_15245920.jpg

f0078320_1525879.jpg

f0078320_15251765.jpg


f0078320_15252658.jpg

▲この人懐こいシェパードの男の子は、なんとわき腹にソフトボールほどの
大きな腫瘍をぶら下げていました。
「吠えるし病気になった」という理由で飼い主が持ち込んだそうです。
吠えるのは体が痛いからではないですか?
飼い主に助けを求めているのではないですか?
・・・などと言っても、この飼い主にはこの子の心は届かないと思います。
悲しげな目で、何度も何度もじっと私達の顔を見つめていました。
情けないことに私にはこの子にかける言葉が見つからず、
黙って目をそらすと諦めて壁際に移動してしまいました。

f0078320_1526198.jpg

▲この小柄な美人さんは、お尻が血でべったり濡れていました。
身体もだるそうでしたが、どうしてあげることもできませんでした。

f0078320_15262121.jpg

▲最終部屋からはこの仔犬を検疫にかけてもらいました。
元気で検疫期間を乗り切ってほしいと切に願います。


次に、検疫中の犬達の様子です。
・・・仔犬たちがたくさん亡くなってしまったので、
いつも満杯のステンレスケージのお部屋もガラガラ。
仔犬4匹とダックスが2匹の合計6匹が居るだけでした。
f0078320_1527472.jpg

f0078320_15271489.jpg

f0078320_15272647.jpg

f0078320_15273595.jpg


いくら職員さんが努力されても、毎日たくさんの犬が収容される現状では
感染症は防ぎようがありません。
どうか、このレポートをお読みになっているみなさん、
まわりの方々にも避妊・去勢の大切さを伝えてください。
そして、家族に犬猫を迎えたいという方がいらっしゃいましたら
ぜひ保護犬猫の中から迎えるという選択肢があるということを
伝えてください。
生きるのが叶わない犬猫たちがこれほどたくさん居ることを
どうか周りに伝えてください!



↓この2匹は、先週ちばわんで検疫をお願いした子たちです。
暑いせいかも知れませんが、ちょっと元気がないようでした。
どうか来週までがんばって!!
f0078320_15282086.jpg

f0078320_15283319.jpg


↓こちらは他団体(?)で検疫中の子たち。
盛んにアピールしていました。
お迎えが来るまでがんばるんだよ!
f0078320_15284932.jpg
f0078320_15285717.jpg
f0078320_1529474.jpg

検疫室もこの日ちばわんで10匹の引き出しをしたことで
ガランとしていました。
(引き出し作業後に撮影しています)

鑑定室には、元気なプードルちゃんとダックスちゃんが居ました。
(他団体で検疫中のようです)
そして子猫がたくさん居ました。
どうか良い飼い主さんが見つかりますように・・・
f0078320_15301521.jpg

f0078320_15302695.jpg

f0078320_15303853.jpg


抑留棟から引き出した犬達のうちの一部です。
暑い中でしたが、みな外で日光を浴びて嬉しそうでした。
7姉妹の唯一残った1匹も、検疫を乗り切った4姉妹も
無事引き出すことができました。
f0078320_15313267.jpg

f0078320_15313968.jpg

▲この可愛い姉妹(4姉妹のうちの2匹)はこちらのブログでご紹介しています。

各預かりさんのもとで健康チェックが終わりましたら募集を開始します。
応援よろしくお願いいたします!!

****************************
※レポートをご覧になってのお問い合わせは、
 センターではなく ちばわんでお受けしています。
 ○詳しくはちばわんの愛護センターレポートをご覧ください。
 センターの譲渡担当の先生はおひとりで本当に忙しくされているので、
 たとえ1件の問い合わせでも、すべての作業が中断してしまいます。
 (こちらにカギコメを入れていただければ、私で回答できることならお返事させていただきます)
 
感染症の流行でガラガラになってしまったステンレスケージと検疫のお部屋。
そして相変わらず満杯の最終のお部屋・・・
センターを生きて出るのは本当に幸運なことなのだけれど
こういう状況を作り出した人間側の私がそれを幸運と呼ぶことは
傲慢なのだと感じました。

我が家は8月初旬に旅行や私の帰省などの予定があり
それが終わるまでお預かりをお休みしています。
もっちゃん、べっちゃん、それまでふたりっ子でゆっくりして
また次の子を迎えてあげてね~!!
f0121712_1485853.jpg
f0121712_149618.jpg

by mochamama | 2010-07-22 13:49 | ちばわん関係 | Comments(4)


お知らせのページ★日記はこのコーナーの下にあります★

明日(3/7 sun)は品川でちばわんの
いぬ親会&ねこ親会が開催されます!

西大井駅から徒歩すぐで便利な場所ですし
室内での開催なので、天候の心配もなくゆっくりご覧いただけます♪
どうぞ可愛いわん・にゃんに会いにお越しくださいね~060.gif
★詳しくはこちらをクリック → ちばわんイベント報告

f0121712_1620045.jpg
f0121712_1620918.jpg


前回の品川いぬ親会でとても素敵な赤い糸がつながった沙羅ちゃんは
お家でモカパパ&我家の姉妹とお留守番ですが私は会場でお手伝いをします。
とてもアットホームな会場ですので、みなさまぜひお気軽にお越しくださいね~053.gif
f0121712_16253246.jpg

by mochamama | 2010-03-06 23:59 | ちばわん関係 | Comments(0)


動物愛護センターへ行って来ました

木曜日、久しぶりに千葉県動物愛護センターへ行って来ました。
詳しい報告は既にちばわんの「愛護センター・レポート」にUPいたしましたので
もうご覧になっていただいた方が殆どかと思いますが
まだの方はぜひそちらもご覧くださいね。

・・・この日は私は運搬とレポートを担当しました。
7月以来のセンター訪問でしたが、毎回センターレポートで見ているとおり
本当に沢山の犬達が収容されていて、検疫室もいっぱいいっぱい・・・。
センターレポートにも書きましたが、検疫場所がなくて収容室に置かれている仔犬や
最終部屋にも仔犬たちが居て本当に辛い気持になりました。
f0121712_21351489.jpg


この日は私は本当は預りっこのお迎えに行く予定だったんです。
生後半年ほどで(おそらく)捨てられた4匹のラブラドールのうちの1匹、
男の子に我家に来てもらうつもりでした。
感染症と戦っていると聞いていましたが、
しかし、その子は戦いに勝つことができませんでした。
元飼い主はどんな人なのか、どんな事情があるかわかりませんが
仔犬のうちにワクチンの接種さえしていれば命を落とすことはなかったと思います。
せっかく幸せになるチャンスを掴んだのに、
ちばわんの保護犬としてセンターを出られれば幸せは約束されたようなものだったのに
本当に残念です・・・
下の写真はおそらく亡くなった子の兄弟で譲渡予定があります。
亡くなった兄弟の分まで幸せになって欲しい・・・もう少し元気に待っていてね!
f0121712_226455.jpg


センターでは‘ワクチンの接種’という、こんなあたりまえのことすらしてもらってないために
命を落とす子が本当に多いです。
最終のお部屋で寄り添っていた優しい成犬と仔犬達の
周りにもあちこに血便が飛び散っていました。
f0121712_21572756.jpg

次々に沢山の犬達が収容されるセンターの環境では
いくら職員の方々が一生懸命対処してくださっても感染症を防ぐのは至難の業です。
そして精神的にも肉体的にも過酷な状況で、弱っている体力では
一度感染症にかかったら回復するのは奇跡に近い・・・

我家に来週やってくる子も今、検疫中です。
「沙羅(さら)ちゃん」という仮の名前も決めました。
来週お迎えに行きます。
ぜひぜひ無事に検疫を乗り切ってほしいと心から祈ります。
f0121712_22265364.jpg
f0121712_2227239.jpg



そして、私が運搬したわんちゃん達。
小さくて痩せていた仔犬はこちらでしっかりケアしてもらっています。
f0121712_21463730.jpg


そしてすご~くフレンドリーでラブの魅力満開のこの子は
ちばわんおなじみのくぅママさん家で赤い糸を待っています。
f0121712_21465525.jpg


このラブちゃんは、遅くまでお仕事しながら預かりもしてくださっているくぅママさん家まで
お届けすることができずに、小粒ままさん家で夜までお預かりしていただきました。
f0121712_22381113.jpg


センターへの訪問は午前中早めに家を出ることが多いです。
でも、お仕事をしながら預かりもされいるお家にお届けするのは夜の時間でないと難しい。
夜まで待てればいいのですが、夕食の準備もあるし、
自分家の犬達のお留守番も12時間を越えれば排泄の心配があります。
何より、ケージに入れられたまま車に乗りっぱなしのわんちゃんは
ただでさえ吐いたり下痢したりと心配な状態のときが多いのに
さらに疲れてしまいます。
今回は夜までお預かりしてくださった小粒ままさんに本当にお世話になりました。
急なお願いを快く引き受けてくださった小粒ままさん、本当にありがとうございました。

長距離の運搬ができなくても、高速道路の利用が便利なお家では
一時的な休憩所として使用させていただくと本当に助かります。
ちばわんの活動はこうやって目立たないところで協力している
たくさんのスタッフで成り立っているんだなあと改めて感じました。

お正月休みを前に、センターの犬達を1匹でも多く助けてあげたいです。
弱っている子はお正月を乗り切れないかも知れません。
いぬ親さんを希望していただける方、預りをしてくださる方がいらっしゃいましたら
にちばわんの「愛護センター・レポート」をご覧いただいて
ちばわんまでご連絡をお願いいたします。

by mochamama | 2009-12-20 20:26 | ちばわん関係 | Comments(6)


八王子いぬ親会♪

今週はトレーニングやら、お出かけやら、
色々と行事があって書きたいことが盛りだくさんなのですが、
まずは日曜日の話題から・・・(古っ)

・・・この前の日曜日、ちばわんの八王子いぬ親会に
モカ姉さんを連れて行って来ました~!
(べっちゃんとモカパパはお留守番です)
f0121712_22175452.jpg
f0121712_2218284.jpg

荷物の受け取りがあったのと、何より、
モカ姉さんを久しぶりに仮母のたーぼーさんに会わせたくて
(もちろん、私も遊びに行きたかったし)すたこらさっさと八王子へ060.gif
お昼前に家を出たのですが、高速がとても空いていて
浦安ICにほど近いわが家からいぬ親会場まで
休憩を入れても1時間半足らずでした(案外近いですね)。

●八王子IC手前の石川PA
ペットの水のみ場があるので寄ったのですが、いくら流しても生温かいぬるま湯しか出ず
水にうるさいモカ姉さんは匂いを嗅いだだけで「これは飲めません!」とNGでした~

f0121712_2295873.jpg


久しぶりに仮母のたーぼさんに会ったモカ姉さんは、
もう大喜びで抱きついてデレデレ~(笑)
なにしろ、いつもなら「命より大事なオヤツ」に目もくれないで
仮母さんに突進するんですよ。
モカパパが見たら、ヤキモチ焼きそうな場面でした~(笑)
f0121712_22384267.jpg
f0121712_2238508.jpg
f0121712_2239032.jpg


そして、私にも嬉しい再会が・・・
f0121712_22562122.jpg

我家に少しの期間ショートステイしていたボノくん
いぬ親さんとそのご友人と一緒に遊びに来てくれていました~!!
f0121712_22565867.jpg

我家にいたときはアレルギーのせいでアンダーコートが殆どなく
ハゲハゲ、カユカユ、そして痩せていたボノくんでしたが
tomotenkuriさん家で手厚いお世話をしてもらい、
その後、素敵ないぬ親会さんと巡り会って、ピカピカのわんこに変身していました。
フサフサになった外見も、ムチムチとした体つきもまるで別犬で
本当にびっくり!!
ボノくん、本当に良いお家に行けて幸せだね~003.gif
そしてボノくんとは、ほんの少しも仲良くできなかったモカ姉さんは・・・
やっぱり再会した瞬間にガウガウ~!!でした(涙)
ボノ君&いぬ親さん、せっかくお会いできたのにごめんなさい。

会場では久しぶりにちばわんの懐かしい方々にお会いできて
少しづつお喋りしているうちにあっという間に終了時間になってしまいました。
チラッとお顔だけ見て、挨拶できなかった方も沢山・・・(汗)
ご挨拶できなかった皆さま、申しわけありませんでした。

モカ姉さんのガウガウに備えて常に両手でリードを握って警戒態勢だったので
あまりわんちゃんの写真も撮れなかったのですが
一部をご紹介させていただきます~!

まずはいぬ親会の顔(!?)エレカノ家の ミッキー君!
本当に穏やかでかわいいわんこさんですよ~♪
身体がやや大きめの男の子ですが、大人しいので
女性の力でも制御に困ることはないと思います。
f0121712_1513193.jpg


次はおてわん家の幸(ユキ)ちゃん、
ガウガウモカ姉さんとは正反対のおしとやかなレディーです。
ちばわん卒業犬なんですよ♪(下向き写真でごめんなさい~)
f0121712_1515914.jpg

預りっ子の‘にこちゃん’の応援でしたが
にこちゃんは早々に赤い糸を手繰り寄せたそうです。
おめでとう、にこちゃん!ずっとずっと幸せにね~♪

そして幸(サチ)ちゃんは、外見がモカ姉さんと似ていますが
こちらも、もの静かでお上品なお嬢さまです。
穏やかなわんことまったりした暮らしをしたい方、
さっちゃんが待っていますよ~!!
f0121712_1554381.jpg


こちらはエレナちゃん、まだまだ若い小柄なわんこです。
ちょっと他犬が苦手なようで、うちのモカ姉さんにも吠えていましたが
モカ姉さんが反応しなかったのを見ると、
攻撃的なオーラを出しているわけではないようです。
(怖いだけなんだよね・・・)
こんなにキュートなエレナちゃんも
引き続きいぬ親さま募集中です!!
f0121712_1582553.jpg


そして最後は、ちょ~さんが撮ってくださった
モカ姉さんの写真です♪
まるでプロのカメラマンの方に撮っていただいたような写真で感激!!
勝気な(笑)モカ姉さんの雰囲気が良く出ていますね058.gif
素敵な写真をありがとうございました m(__)m
f0121712_159679.jpg
f0121712_1591576.jpg

by mochamama | 2009-11-05 15:12 | ちばわん関係 | Comments(10)

    

保護犬出身の愛犬たち、モカ・ベス・太雅の3わんと、保護預かり中の犬たちの日常を綴ります。
by mochamama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
☆我家の紹介☆
【新浦安在住;夫婦と
3わん&預かりっ子の
ドタバタ生活記録です】
★モカ
(バセット・ハウンド)
我家の長女
誕生日;2004年
5月頃?(推定)
2005年11月に
保護団体から
我家に来ました。
性格は頑固で自分勝手
飼い主より食べ物が好き
な超食いしん坊娘。
チャームポイントは
上目遣いの赤いお目目
とネバネバのヨダレ。
趣味は匂いをかぐこと。

★ベス(和犬MIX)
我家の次女
誕生日;2006年
10月26日(推定)
生後間もなく保護団体
にレスキューされ
そのまま一時預かり
の我家の次女になった
おしゃべり犬。
性格はビビリのくせに
強がり。
そしてすごい甘ったれ。
チャームポイントは
ドスの効いた唸り声と
フサフサのお尻尾。
趣味は知らない人と
他のわんこを威嚇
すること。

★太雅<タイガ>
(長毛の秋田犬)

我家の長男
誕生日;2012年
頃(推定)
動物愛護センター出身
昔ながらの秋田犬の
性質を色濃く持つ暴君
実はすごいビビリで
で甘えん坊
チャームポイントは
人を惑わす笑顔(笑)
家族以外の人間は
触れません><

★モカパパ(人間)
ヘビメタとお笑いを
こよなく愛する
インドア派。
ビール大好き底なし男。
性格はモカそっくりで、
食べること命!
趣味はギター集め。

★モカママ(人間)
このブログの管理人。
秋田犬を中心に
捨てられた犬の
レスキューをしています。
退職後のんびりした
専業主婦を目指すも
個性的な姉妹と
預かりっ子のお世話に
髪を振り乱す日々。
ワインと熱燗が
大好きなのんべえ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
うひー。そうだった!バン..
by もぐぞう at 08:05
> asuka_maru..
by mochamama at 05:51
あ~一緒一緒と 一緒に..
by asuka_maru at 18:25
> ふうさん そうなん..
by mochamama at 12:09
モカ姉さん、速い!(○_..
by ふう at 16:18
> 秋田犬 純さん こ..
by mochamama at 21:13
モカママさま 凄い..
by 秋田犬 純 at 12:08
> 雪ママさん あら~..
by mochamama at 09:02
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
検索
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧