人気ブログランキング |

もももの部屋(超アブナイ秋田犬のタイガ、後足麻痺のバセット・ハウンドのモカ、吠え吠え雑種のベスの共同生活&保護活動の記録です)


2014年 02月 17日 ( 1 )



梅花ちゃんの闘病記録(その1:センターからの引き出しと前兆)

梅花ちゃんはおかげさまで順調に回復しています042.gif
f0121712_15193097.jpg

劇的な回復をみせてくれた土曜日には、夕方、獣医さんにも診てもらって
「ステロイドがとてもよく効いていて、眼圧も瞼の上から触っただけで問題ないです」という
嬉しい診断結果でした^^
眼の白濁ほとんど感じられず、引出当初、もしくはそれ以上に良くなっていると感じます058.gif
元気で食欲も満点↓
f0121712_15272442.jpg

f0121712_15274765.jpg

f0121712_15334490.jpg


今後のためにも、また、この憎き病の早期発見のためにも
梅花ちゃんの経過を時系列にまとめて残しておこうと思います。

ちょこちょことした短い更新になると思いますが、
秋田犬を飼育されている方、これから飼育をお考えの方は
ぜひご覧くださいませ。

*    *     *     *     *

●1月27日(月)<飼育放棄による収容>
梅花ちゃんは今年の1月27日、南総地区の保健所に持ち込み収容されました。
その時から右目の白濁があったそうです。
しかし、視力には明らかな障害はないようだと
数日後にセンターの獣医さんからお聞きしています。
(ちなみに・・・「持ち込み≒殺処分」であり、保健所側からは飼い主に対して
 「新しい飼い主を探すなど他に道はないのか?」と十分な説明と説得がなされます。
 保健所に引き取りられた子は公示期間もありませんので、すぐに処分施設のあるセンターに移送されます)


●2月7日(金)<センターから引き出し>
私が梅花ちゃんに会いに行ったのが、収容から約2週間後の2月7日です。
(ちょうど検疫が明け、引き出し可能になるころです)
目の白濁から「ホヒト小柳原田病様疾患」の可能性があるとは承知していましたし、
センターの獣医さんもその点を心配してくださっていました。
f0121712_15443919.jpg

しかし、実際に会ってみると、眼の白濁はほとんど感じられない程度、
色素の抜けもなく鼻は黒々していましたし、毛並も茶色がしっかり残っています。
年齢5歳の梅花ちゃん、「若いころに症状の進むこの病気であればもっと色素が薄くなって
外見からも病気がはっきりわかるはず」と思い込んでいた私は、
梅花ちゃんがこの病気だとはつゆほども思いませんでした。
f0121712_15445224.jpg

それより、肛門付近から出血していて、獣医さんに診てもらっても外傷はなく
そちらのほうが気になりました。
f0121712_1548777.jpg


私はその日、そのまま梅花ちゃんをお預かりして帰宅しました。
帰宅後、しつこく何度もシャンプーしましたが、元気で食事もしっかり食べてくれました。
軟便でしたが下痢もなく、痩せている感じもなく、健康状態は良さそうでした。
f0121712_15592784.jpg
f0121712_15593583.jpg

ただ、引き出しの時から両眼共に涙がたくさん出ていて、
「涙鼻管が詰まっているのかなあ~?」と思いました。
しかし秋田犬にはこういう涙目の子が多いので、特に気に留めませんでした。
でも、本当はこれが前触れだったのだと、今になれば思います・・・

●2月8日(土)午前中<健康診断>
引き出し翌日の2月8日午前中、
かかりつけの獣医さんに梅花ちゃんを連れて行きました。
f0121712_163298.jpg

いつもと同じように簡単な健康診断をお願いして
眼と肛門付近からの出血を見てもらいました。
f0121712_1634029.jpg


<健康診断結果>
体重は22.6㎏、検便マイナス。
血液検査の結果もまったく問題なし。

血小板は14万と少なめでしたが(正常値は20万~50万です)、
秋田犬で20万を超える子はとても少ないので、普通の値だと思います。
(個人的には10万あればいいかなと思っています)
シャーレの上で血の固まり具合も見てもらいましたが、
血液凝固も問題なく、安堵しました。

フィラリア抗原検査は残念ながら陽性でしたが
血中のミクロフィラリアはおらず、咳などの特段の症状もありません。

通年の予防薬投与で様子を見て、気になることが出てくれば
エコーやレントゲンなどで検査しましょうということになりました。
※ちなみに、この「フィラリア抗原検査が陽性で、ミクロフィラリアがいない状態」を「オカルト感染」というそうで
現在は感染の3分の1がこれだそうです。
原因はいろいろ考えられますが、不完全な予防薬投与によるものが多いと言われています。


気になる肛門付近からの出血は
肛門嚢炎による肛門腺からの出血でした。

肛門腺を絞ってもらったら、血と膿が混じったものが大量に出ました。
(ニオイの原因はそれだったのか・・・と判明(^_^;))
結構ヒドイ状態だったのですが、幸いまだ破裂はしておらず、
抗生物質の服薬で治療することになりました。
これは治すのに時間がかかるそうで、しばらく抗生物質の服薬を続けることになりました。

そして、眼の診察でしたが、この時はまだ発症しておらず
右眼の白濁は「軽い白内障と角膜の濁り」だという診断でした。
「ホヒト小柳原田病様疾患」に特徴的なぶどう膜の炎症は認められず
「おそらく以前に角膜炎をした名残りで、進行性のものではないと思われるが
経過観察を続けるように」とのことでした。

先生にはこの病気の可能性を考慮して診察していただきましたが
『現時点で「ホヒト小柳原田氏病様疾患」とは考えにくい』とのことでした。
この時は、右目の白濁もほとんど目立たない程度だった梅花ちゃん、
気になる皮膚の症状もなく、この時点でこの診断は自然なことだったと思います。

私は安堵すると共に、
梅花ちゃんはこの病気とは無縁だと思い込んでいました。
※「ホヒト小柳原田氏病様疾患」という病名については、
 現在は「ブドウ膜皮膚症候群」と呼ぶと先生からお伺いしましたが、
 私にも、おそらくブログをご覧のみなさまにも「ホヒト小柳原田氏病様疾患」の方が
 わかり易いと思いますので、引き続きこの病名で呼ばせていただきます。
 

●2月8日(土)午後~10日(月)
この間は、ブログに日記をアップしているように平穏に過ぎました。
平穏と言っても、関東はこの日の朝から降り続いた50年ぶりの大雪で
人間は大わらわ。
お散歩以外は梅花ちゃんとゆっくり過ごす時間は取れませんでした。

お散歩での梅花ちゃんは雪の塊を食べたり、飛鳥ちゃんにじゃれついたり
とても楽しそうでした。
しかし、引き出し⇒隔離部屋⇒リビングとめまぐるしく環境が変わり、
新しい環境と群れに馴染もうと心身ともに緊張が続いていたと思います。

大雪にはしゃぐ我が家の犬たちと一緒の長いお散歩で手足も冷えましたし、
筋肉のない梅花ちゃんの身体にはキツかったのだと思います。

でも、一見元気で楽しそうな梅花ちゃんを見て、そこまで察することができない
ダメダメな私でした><

●2月11日(祝)<発症前日>
この日は梅花ちゃんを引き出して5日目・・・発症の前日です。
今から思い返せば・・・小さな兆候がたくさんありました。
(気づかなかった私は、ホントにアホだと思います><)
f0121712_13501187.jpg

この日は祝日で、朝からみなでお散歩に出ました。
ですが、梅花ちゃんはお散歩であまりはしゃぎませんでした。
雪も溶けて地面もグショグショで、
わが家の姉妹&飛鳥ちゃんもテンション低めでしたから気にしなかったのですが、
もしかしたら体調が悪くなりつつあったのかもしれません。
f0121712_13504567.jpg
f0121712_13505449.jpg

f0121712_13511867.jpg

また、ふっとした瞬間にほんの僅かですが両目が白っぽく見えて
「あれ?両目共に白内障だったっけ??」と思った記憶があります。
これはちょっと気になったのですが・・・
わが家のべっちゃんも一昨年から両目共に少し白内障が出てきていますし
「先生も白内障があると言っていたし、こんなものかな~?」とよく確かめませんでした。
この時点でよく確かめたら、白目にも炎症が出てきていたかも知れません。
(ただ、気づいたとしても祝日だったので、午後休診のかかりつけ医には行けず、様子をみただけになったと思いますが・・・)

そして、この日の午後は目を閉じている時間が多かったです。
f0121712_13515322.jpg

特に夕刻からは、座っていてもだんだんと目が閉じていき
仔犬のように「まだ遊びたいけど、眠くて目が閉じちゃう~」って感じだったので
モカパパと「仔犬みたいだね~^^」などと呑気なことを言ってました。
梅花ちゃんは目を開けているのが辛かったのだと思いますが、
そんなことにはまったく気づいていない私でした。
引き出し後の疲れが出たみたいだから早めに寝かせようと、
午後8時すぎにはバリケンで寝かせました。
梅花ちゃんはとても大人しく、丸まって眠りました。
そして、翌朝、梅花ちゃんの両目は白く濁ってしまっていたのでした・・・

(※ここで時間切れ、写真は後ほど追加します~)

小康状態の梅花ちゃんと、赤い糸探し中の飛鳥ちゃんに
応援のひとポチをお願いいたします056.gif


にほんブログ村
by mochamama | 2014-02-17 16:04 | 飛鳥ちゃん&梅花ちゃん | Comments(6)

    

保護犬出身の愛犬たちの日常とこれまでの保護活動の記録です。Twitter(https://twitter.com/mochabethmama)は↓の鳥さんマークをクリックしてね!
by mochamama
☆我家の紹介☆
【新浦安在住;夫婦と
3わん&預かりっ子の
ドタバタ生活記録です】
★モカ
(バセット・ハウンド)
我家の長女
誕生日;2004年
5月頃?(推定)
2005年11月に推定1歳半で保護団体から我家に来ました。
千葉県内の公園に捨てられていたようです。
性格は頑固で自分勝手、
嫌なことには口が出ます。
飼い主より食べ物が好き
な超食いしん坊娘。
チャームポイントは
上目遣いの赤いお目目
とネバネバのヨダレ。
趣味は匂いをかぐこと。

★ベス(和犬MIX)
我家の次女
誕生日;2006年
10月26日(推定)
生後間もなく捨てられ
一時預かりの我家で乳飲み子から育ちました。
人馴れが難しく、そのまま我家の次女になりました。
性格はビビリのくせに
強がり。
そしてすごい甘ったれ。
チャームポイントは
ドスの効いた唸り声と
フサフサのお尻尾。
趣味は知らない人と
他のわんこを威嚇
すること。

★太雅<タイガ>
(長毛の秋田犬)

我家の長男
誕生日;2012年
頃(推定)
動物愛護センター出身
昔ながらの秋田犬の
性質を色濃く持つ暴君
実はすごいビビリで
で甘えん坊。
不意にマジ咬みします。
チャームポイントは
人を惑わす笑顔(笑)
家族以外の人間は
触れません><

★モカパパ(人間)
ヘビメタとお笑いを
こよなく愛する
インドア派。
ビール大好き底なし男。
性格はモカそっくりで、
食べること命!
趣味はギター集め。

★モカママ(人間)
このブログの管理人。
秋田犬を中心に
捨てられた犬の
レスキューをしています。
退職後のんびりした
専業主婦を目指すも
個性的な姉妹と
預かりっ子のお世話に
髪を振り乱す日々。
ワインと熱燗が
大好きなのんべえ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> ichiさん モカ..
by mochamama at 06:13
おおーモカ姉さんすごい。..
by ichi at 13:31
> ふうさん 自己中心..
by mochamama at 13:24
さすが、もぐぞうさん! ..
by ふう at 21:32
> asuka_maru..
by mochamama at 15:30
よかったねぇ~ お薬よ..
by asuka_maru at 18:02
> asuka_maru..
by mochamama at 22:13
うちは15号でお向かいの..
by asuka_maru at 18:45
以前の記事
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
検索
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧