もももの部屋(家族を待っている保護犬たちと我家の愛犬のブログです)


梅花ちゃんの闘病記録(その2:発症)

梅花ちゃんの目は引き続き順調に回復しています♪
f0121712_7564551.jpg

しかし、強い抗生物質の副作用か(?)、
昨日の午後から水下痢になってしまいました><
獣医さんに下痢止めと整腸剤をいただいて服用中です。
でも、元気も食欲もありますので、大丈夫だと思います~001.gif
以下、↓ 闘病記録の続きです。

●2月12日(水)<発症>
(※この日のことは2/13のブログにも書いています ⇒ 「心配事」)

朝、私がリビングに降りていくのはいつも午前5時頃です。
梅花ちゃんはバリケンで丸まって大人しく寝ていました。
私は呑気に「やっぱり疲れているんだな~^^」などと思いながら
朝の静かな時間を過ごしていました。

この時期はモカパパを駅まで送って帰宅した後、午前7時半頃に犬たちを起こします。
(暑い時期はもっと早いですが、冬は日が出て暖かくなってからお散歩に出ます)
この日も、いつものように「梅花ちゃん、おはよう~♪」とバリケンの扉を開けました。
梅花ちゃんは、足元を確かめるようにゆ~っくり出てきたのですが・・・
左目が黄色っぽい目ヤニで固まり、右目も涙でグショグショでした。
慌てて目薬で洗い流し(人間の潤い補給用の使い捨て目薬です)
目を開けてみたら・・・両目共に白く濁り、
特に、きれいだった方の左目がうまく開かないようでした。

白目も充血していましたので、
とりあえず結膜炎用の抗菌目薬(これも人間用の使い捨てタイプです)を点眼しました。

嫌な予感が頭をよぎったのですが・・・
まだ目は見えているようで、朝のおやつも元気に食べましたので
急いで飛鳥ちゃんと一緒にお散歩に出ました。
この病気なら、激しい下痢が始まるだろうと思ったのです。
↓ 外での写真なので目の濁りはあまり目立ちませんが
 写真で見るよりはずっと白くモヤがかったような状態でした。

f0121712_7494192.jpg

f0121712_643184.jpg


お散歩は元気に歩いてくれました。
引き出し後、ずっと軟便だった梅花ちゃん、ウンチのサイクルはちょっと変わっていて
1日おきに大量の軟便を出すというスタイルでした(^_^;)。
(秋田犬はお腹が弱い子が多く、大抵の子がしばらく軟便が続きますし
梅花ちゃんは肛門嚢炎の治療でずっと抗生物質を服用していましたので
お腹が緩いのはしょうがないと気にしていませんでした)

この日は、前日の夕方にウンチをしていましたので、
ふつうなら排便しないだろうと思って様子をみたのですが、
やはりウンチはしませんでした。
お散歩はふだんよりゆっくり歩いているように思いましたが
まだ特段の不自由さも感じず、私は「急性の結膜炎かも?」
「連日の雪の中のお散歩で、眼が雪焼けしてしまったのかも?」などと
不安を打ち消していました。
その後、朝ごはんもいつもどおり元気に食べました。

私はこの「ホヒト小柳原田氏病様疾患」のことは、
この病気の愛犬を持つ飼主さんたちが記してくださったブログと、
過去にセンターで見た盲目の秋田犬たちの様子でしか知りません。
でも、みな「ヒドイ下痢になる」という共通点があると記憶していて
下痢もせず、また、元気で食欲もある梅花ちゃんは
「単なる目のトラブル」なのだろうと思いました。

本当は、意識的にこう思おうとしていたのだと思いますが・・・

あいにく、この日は頼りにしているかかりつけの獣医さんの休診日でした。
もし「ホヒト小柳原田氏病様疾患」であれば、できるだけ早くステロイド投与が
必要なことは知っていましたが、明日まで待とうと思いました。

私の近所にも獣医さんはたくさんあります。
しかし、浦安市内で秋田犬を飼育していらっしゃるお家はほとんどありません。
(いろいろ情報収集したところ、だいぶ離れたお家で1件だけあるそうですが・・・
 広~いお庭の中であまり外に出ないで暮らしているそうです)
「ホヒト小柳原田氏病様疾患」について治療したことのある先生に巡りあう確率は
とても低いと思いました。
他の方が苦い経験をされたように、知識のない獣医さんにあれこれ検査されたあげく
ピントはずれの治療を受けるようなことは避けたいと思ったので
1日待ってかかりつけの先生に診てもらおうと思ったのです。


専業主婦の私ですが、午前中は2回のお散歩と家事で
あっという間に時間が過ぎます。
朝ごはんを食べた梅花ちゃんは、リビングで姉妹や飛鳥ちゃんと一緒に
ウトウトしながらおとなしく過ごしていました。
f0121712_685373.jpg


午後、ひと段落してじっくり梅花ちゃんの様子を見てみると・・・
眼の白濁はさらに悪化したように感じました。

しかし、特に目を痛がったり、苦しがったりする様子も感じられませんでした。
(本当は目に痛みが出ていたのだと思いますが、私には察することができませんでした)
f0121712_6101015.jpg


食欲はあって、おやつも嬉しそうに食べましたが・・・
目の前のおやつが見えず、口元に持っていくまで食べられませんでした。
必要時以外は目を開けず、じっと動きませんでした。

とても心配でしたが、私はまだこの時も必死に悪い予感を打ち消そうとしていました。
f0121712_6135332.jpg
f0121712_614021.jpg


夕方のお散歩のことは、もうあまり記憶がありません。
あまり負担にならないように、モカ姉さんと一緒に短めのお散歩に出たこと
目はほとんど見えなかったけれど元気そうに歩いたこと、
ウンチが出なかったことは覚えています。
夕ご飯もしっかり完食してくれました。

下痢がないことと、食欲があることが救いで・・・
目だけの急性のトラブルでありますようにと祈っていました。

この日はこれ以上目に負担にならないようにと、
夕食後はバリケンに布をかけて早めに寝かせました。
f0121712_6165749.jpg


※今から考えると、かかりつけ医が提携している夜間救急医療病院に行くという
 選択肢もあったと思います。
 きっと地域病院より経験豊富だと思いますし、行ってみる価値はあったかも・・・
 しかし、このときはそういう考えは頭に浮かびませんでした。
 冷静にならなきゃと思っていましたが、動揺していたのだと思います
 

梅花ちゃんの下痢が早く治りますように応援のひとポチをお願いいたします056.gif

にほんブログ村
by mochamama | 2014-02-19 06:22 | 飛鳥ちゃん&梅花ちゃん | Comments(4)
Commented by ナギと姫の父 at 2014-02-19 19:20 x
モカままさんこんばんは。

早く治療するに越した事は無いんですけど、コナツは治療を始めるなでにかなりの日にちがかかってしまいました。
それでも何とか視力は快復したので。

コナツも1度は薬を切って見たんですけど、だめでした。
発病しない最低限の薬の量を見極めて、5mgを二錠これを5年以上飲ませて、まあ歳も12歳を過ぎていたようですからしかたが無いとも言えるんですけど虹の橋を渡って行きました。

ステロイド、喉が渇くのと、お腹がすくのがひどくて盗み食いがありましたけど、しかたが無いです。

梅花ちゃんもさほど心配する事は無くて薬は手放せないかもしれませんね。
Commented by mochamama at 2014-02-20 08:11
★ナギと姫の父さんへ
そうですか、コナツちゃんはずっとステロイドを飲み続ける必要があったのですね・・・
お写真でしか拝見していませんが、色素も抜けずに皮膚の状態もよさそうでしたね。
とても参考になります。ありがとうございます<(_ _)>

梅花はまだステロイドの点眼と服薬を変わらずに続けています。
これからだんだんと減らして、切ってみて、そしてどうなるのか?
うまく病気と付き合っていく方法が見つかればいいのですが。

ステロイドの影響で、梅花も食欲がスゴイです。
あまり与えすぎるとお腹によくないので、我慢させるのが可哀相ですね・・・。
多飲・多尿はそれほどでもないのですが、室内トイレを完璧に使用してくれるので助かっています^^。

これからもアドバイスよろしくお願いいたします<(_ _)>
Commented by ワン6 at 2014-02-20 13:07 x
今日再診があったので先生に聞いてきました。
こちらの病院にも6年間通ってる子と、また別の秋田犬がいるそうで、この病気の事はよく認識されている先生でした。
やはり、まれだけどこの病気では秋田犬の子しか出会っていないそうです。
きっかけは骨髄に異常無しの血小板の減少だったそうで、うちのメス秋田も涙が多いし骨髄に異常無しなので心配になりましたが、
今は患っている梅花ちゃんが少しでも前進出来る事を願っています。
免疫疾患の子は春になると異変を起こしやすいそうですね。
この病気で鼻がカサブタになる子もいるとかで、紫外線の強い時期の散歩は真っ暗な時間帯にするようお話したんだそうです。

また何か、情報といいますか分かった事などがあればコメさせて頂きたいと思います。
どう表現したらよいのか分からないのですが、私は今回梅花ちゃんの体や、ナギと姫の父さんのコメを拝見して、とても貴重なお話を聞く事ができて感謝しています。
Commented by mochamama at 2014-02-21 05:50
★ワン6さんへ
病院で聞いて来てくださったのですね、いつもありがとうございます。
アドバイスもありがとうございます!
センターで、鼻の色素が抜けてピンク色になり、かさぶたを無理に剥がした後のように出血していている子を見たことがあります。
とても痛々しかったです・・・><

そうですか、やっぱり秋田犬だけですか・・・
調べると、好発犬種にはハスキーや柴など他の犬種も挙がっているのですが、私も秋田犬しかみたことないのですよ~
(センターにはたくさんの柴犬や他の犬種も居るのですが・・・)
それだけ秋田犬に多いってことなのか、秋田犬の乱繁殖が度を越していると言うことなのかわかりませんが・・・

血小板が低値の子が多いことも不思議ですし、血小板が基準値内でも、昨年お預かりしていた朱雀ちゃんのように、術後に奇妙な腫れが出てしまったり・・・
お腹も弱いし、免疫性の疾患も多いし、う~ん・・・難しいですね。

私もこの病気のことは、多くの秋田犬の飼い主さんに知っていただきたいので、できるだけブログに記したいと思います。
ありがとうございます~<(_ _)>

<< 梅花ちゃんの闘病記録(その3:...      梅花ちゃんの闘病記録(その1:... >>

保護犬出身の愛犬たち、モカ・ベス・太雅の3わんと、保護預かり中の犬たちの日常を綴ります。
by mochamama
☆我家の紹介☆
【新浦安在住;夫婦と
3わん&預かりっ子の
ドタバタ生活記録です】
★モカ
(バセット・ハウンド)
我家の長女
誕生日;2004年
5月頃?(推定)
2005年11月に
保護団体から
我家に来ました。
性格は頑固で自分勝手
飼い主より食べ物が好き
な超食いしん坊娘。
チャームポイントは
上目遣いの赤いお目目
とネバネバのヨダレ。
趣味は匂いをかぐこと。

★ベス(和犬MIX)
我家の次女
誕生日;2006年
10月26日(推定)
生後間もなく保護団体
にレスキューされ
そのまま一時預かり
の我家の次女になった
おしゃべり犬。
性格はビビリのくせに
強がり。
そしてすごい甘ったれ。
チャームポイントは
ドスの効いた唸り声と
フサフサのお尻尾。
趣味は知らない人と
他のわんこを威嚇
すること。

★太雅<タイガ>
(長毛の秋田犬)

我家の長男
誕生日;2012年
頃(推定)
動物愛護センター出身
昔ながらの秋田犬の
性質を色濃く持つ暴君
実はすごいビビリで
で甘えん坊
チャームポイントは
人を惑わす笑顔(笑)
家族以外の人間は
触れません><

★モカパパ(人間)
ヘビメタとお笑いを
こよなく愛する
インドア派。
ビール大好き底なし男。
性格はモカそっくりで、
食べること命!
趣味はギター集め。

★モカママ(人間)
このブログの管理人。
秋田犬を中心に
捨てられた犬の
レスキューをしています。
退職後のんびりした
専業主婦を目指すも
個性的な姉妹と
預かりっ子のお世話に
髪を振り乱す日々。
ワインと熱燗が
大好きなのんべえ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> あおばママさん あ..
by mochamama at 05:27
> もぐぞうさん あ~..
by mochamama at 05:15
私も続きが気になる! ..
by あおばママ at 21:37
ハイハイ!!「四角い犬連..
by もぐぞう at 09:06
> テンコさん いやい..
by mochamama at 08:38
> 秋田犬 純さん あ..
by mochamama at 08:27
わー! 続きが気になる..
by テンコ at 22:42
モカママさん すご..
by 秋田犬 純 at 14:02
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
検索
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧