もももの部屋(家族を待っている保護犬たちと我家の愛犬のブログです)


<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧



トレーニング開始!

(またまた前回の続きです)
さて、訓練士さんのカウンセリングの結果、
今後のトレーニングをお願いすることになった我家に
次からの本格的な指導に備えて課題が出ました。

今後の訓練方針は、まずは「オビディエンスの徹底!」
(やはり何事もここからですね・・・(^^;) )
実は私はオビディエンス(「服従訓練」)という言葉が大嫌いです。
「服従」という言葉にとっても違和感があり、日常生活に支障がなければ
わざわざ服従訓練なんてしなくても・・・って思っていました。
私の理想は「飼い主が命令しなくても、愛犬が飼い主の気持を察して行動するようになること」ですし
愛情をかけて一緒に暮していれば自然とそうなっていくと信じていました。
そして確かに、家で家族といる限りは姉妹はとても良い子で居てくれます。
でも・・・来客時や外ではそれとは程遠い状態で、私達のコマンドも耳に入らない状態であることを
直視しなければなりません。
そして先生曰く、「家の中で練習もしていないことが外で出来るワケがない・・・」
はい。おっしゃる通りでした(大汗)。

そして、そのためには、姉妹が私に注目するようにしなければなりません。
方法論としては・・・
①フリーの時間を減らすこと
②できるだけモカとベスを一緒に行動させないこと
(他に細かい注意や指導もあるのですが、
前回書いたような理由から大まかなところだけ記載します)


最近の姉妹の生活は、就寝(夜9時頃~朝7時すぎまで)のバリケン以外は
殆どフリーでした。
今年になってやっとモカ姉さんの食糞癖も治り(‘多分’ですけれどね)、
イタズラをすることもないのでお留守番もフリーにしていたのですが
私が姉妹をみていられる時間以外は基本的にバリケンに入ってもらいます。
f0121712_2252888.jpg

そして、とっても大事なのは「姉妹を一緒にさせないこと」。
やむを得ない時間(モカパパが楽しみにしているお昼寝とか・・・苦笑)もありますが
お散歩は絶対に別々です。
(ちなみにモカパパは今回の訓練に大賛成という訳ではありませんが
生活上の注意を守ることなどできる範囲で協力してくれています)
f0121712_22511042.jpg


・・・この「別々のお散歩」は私の最も苦手とすることでした。
一度にお散歩して時間を節約したいという理由も大きいのですが、
1匹だけ置いて出るのが可哀そうでできないんです。
また、以前のマンションでは、犬を連れてエレベーターに乗る回数をできるだけ減らしたい
という現実的な理由もありました。
「しつけのためにはお散歩は別々の方が良い」ということは頭では解っていたし
何度かそのようにアドバイスをいただいたこともあるのですが、
結局、別々のお散歩に慣れさせないまま今日まで来てしまいました。
結果、たまに必要があって1匹だけ外に連れて出ると、
お留守番の方がず~っと吠えまくってご近所迷惑という事態になってしまっていました。
しかし、ここでまたくじけたらもう次はありません。
この日から心を鬼にして(やっぱり大げさ・・・)お散歩を別々にしました。

初日は・・・まずモカ姉さんだけ連れてお散歩へ。
べっちゃんはバリケンでお留守番です。
置いて行かれたべっちゃんは・・・あれあれ?すっごい静か~!と思いきや・・・
初日は「自分が置いて行かれた」とは思わなかったみたいで
(きっとそんなことがあるわけないと思っていたんでしょうね)
次の日からギャン吠えでした。

反対にモカ姉さんは・・・初日は吠えまくり~!
翌日から大人しくなったので「やっぱりモカ姉さんは物分りが良いのね♪」と思っていたのですが
これは単に様子をみていただけみたいです。

そして別々にお散歩を開始して4日目・・・
この日は私も多忙でお散歩が遅い時間になり
どうしても吠えさせたくない時間になってしまいました。
でも、そんな事情なんてどうでも良いべっちゃん、
モカ姉さんと散歩に出ようとすると、またしても「ギャン吠え」(涙)。
とうとう私は思い余って、バリケンにかぶせていた布で床をビシビシ叩いて
「いい加減にしーや!誰のせいで苦労してると思ってんのん!!」と怒鳴りつけました。
(東京言葉では感情がこもらないので大阪弁です~!)
生まれて初めて私に怒鳴られたべっちゃんは、よほどショックだたのか
私が帰宅してバリケンの覆いを取るまでずっとおとなしくしていました。
その日はその後べっちゃんをお散歩に連れて出ようとすると
何故かモカ姉さんも吠え吠えだったので
(べっちゃんが怒られたのを覚えていて図に乗ったのだと思います;笑)
モカ姉さんも同じように叱られるハメに・・・これも効果てきめんでした。
f0121712_2253229.jpg


その後はそういう叱り方はしていませんが、
お散歩に出るときに「キューン」とか「ヒンヒン」とか鼻鳴きする程度で
姉妹共に静かにお留守番してくれるようになりました037.gif
そして別々のお散歩は、私にとっては時間的には大変でも精神的にはとっても楽ちん♪
2頭引きだと常に気を張ってお散歩していなければならなかったのですが
1匹だけだと制御が楽なので、モカ姉さんやべっちゃんの様子を見ながら余裕で歩けるし、
他の飼い主さんと立ち話をしたり、モカ姉さんの場合は
相性がよければ犬同士で遊ばせたりもできます。

最初はちょっと大変だったけれど、その気になればできるんだな・・・と
後悔半分、ホッとした気分半分の私でした。
そして昨日はカウンセリング後初の本格的なレッスン・・・いよいよトレーニングの開始です。
またしてもドキドキハラハラで先生をお迎えした私でした~!
(つづく・・・)
※書き残しておきたいことが多すぎてついつい長文になってしまいます。
 文末までお付き合いいただいた方々ありがとうございました~m(__)m
by mochamama | 2009-09-26 21:56 | 我家のこと | Comments(8)


夢は大きく~!

(前回からのつづきです)
日常生活について質疑応答のほかに、先生と色々お話しました。
まず、聞かれたのは「犬とどんな生活がしたいか」ということ。

私の夢は「モカ&ベスといつも一緒にお出かけすること」です。
旅行もしたいし、ドッグランも、公園も気兼ねなく行きたい。
今のように、『平日のなるべく人の居ない時間を狙って・・・』ではなく
休日も、夕方も、心配しないで楽しく出かけたいのです。
(ちなみに・・・インドア派で「姉妹と一緒にお昼寝できれば十ニ分♪」という夫は、
姉妹の世話は私に任せて、現状維持で十二分だそうですが・・・)

べっちゃんの吠え吠えを治したいのはもちろんですが、
モカ姉さんにも問題は沢山あります。

一見のんびりムードで愛想がいいモカ姉さんも、
初対面の犬には正面から無遠慮にニオイを嗅いで、
相手が大人しくしていてもいきなり「ガウッ!」とすることが多く
安心して他の犬にご挨拶させることはできません。
(反面、相性の良い子はいきなり遊びに誘ってみたりもします)

そして一番怖いのは、おやつなどの食べ物を見つけると
周りのわんこは全部「敵」とばかりに、いきなり首に噛みついてしまうことです。
(小型犬は首を咥えて振り回してしまいます)

「他のわんちゃんと並んで一緒におやつ♪」なんてことが
普通にできる愛犬と暮している飼い主さんには理解できないと思いますが
危なくて危なくておやつを持っている人には近づけることができません。
我家に来たばかりの頃はモカパパを5回も噛んだモカ姉さん
(あの頃は大変だったなぁ~と今でもしみじみ思います)
今は人間にはさすがに噛みつきませんが、
やはり気に入らないときは鼻にシワを寄せて「フゥ~ン」と
警戒の声を出します。
小さな子供さんにはうっかり近づけられません。
そういう意味では、吠えて人や犬を近づけないべっちゃんよりも、
一見フレンドリーに見えるモカ姉さんのほうが危ないのです・・・。
(これらはモカ姉さんの行動を矯正しきれない
私達飼い主の問題だということは解っているんですけれど・・・(^^;))

・・・ちょっと話が脱線してしまいましたが
そんな話をする中でとっても印象に残った先生の言葉があります。
それは「犬が居るからと言って、何かを我慢する生活をする必要はない」
というひと言。
これにはどう表現して良いか解らないほどショックを受けました。
きっと、それだけ我慢していることが多いのでしょうね・・・
「我慢」という言葉は適当でなくても「制限」の多い生活。
それが当たり前だと思っていたけれど、そうではないのか・・・?
そういえば、ちばわんのスタッフさんの中にも愛犬と預かり犬を複数抱えながら
バリバリと仕事もボランティアもしている人がたくさん居るなあ・・・と
そんなことを考えながら先生の言葉を聞いていました。

私の理想の生活などについて聞いた先生は
「簡単ではないし、時間もかかるけど、きっとできます」
(‘きっと’と言ったかどうかは忘れましたが・・・笑)
もちろん、これには飼い主がきちんと先生の注意を守って
トレーニングを続けることが前提です。
実は私は心の中で「え~っ?」って思いました。
きっと「犬にも性格や特性があるので、できないこともある」って
言われると思っていたのです。
でも、これはドッグライフカウンセラー的な考えなのかも知れませんね・・・
「なるべく犬達の意思を尊重して、譲歩するところは譲歩して犬と折り合いを付けて生活する」
ずっとそう思って生活してきたのが、実は逆効果だったのかも知れません。

まあ、そんなこんなで先生と話しながら色々と考え、反省し、
今後、その先生にトレーニングをお願いすることになりました。
トレーニングと言っても、先生がトレーニングするのは犬でなく飼い主。
(これは訓練所に犬を預ける場合を除いたら、今はみなそうだと思いますが)
「簡単ではない」と何度も言われましたし、
5歳半と3歳の姉妹を今までと同じ環境でトレーニングするのが難しいことは
私も解っているつもりです。

でも・・・これで生活の制限が少しでも減るならやってみる価値は大いにあるし、
もし、私の夢がかなえられたらバラ色(大げさ~!)の生活が待っている。
さらに、こうやってべっちゃんの吠えグセやモカ姉さんの横暴な行動を矯正できたら
同じ悩みを持っている飼い主さんたちを励ますことにもつながるだろうし
なんと言っても、同じような癖を持ったがゆえに飼育放棄された犬達を
お預かりできるようになるかも知れない・・・
私の夢は果てしなく大きく膨らんだのでした(笑)

そして、さっそくその日からトレーニングスタート!
と言っても、いきなり訓練を始めるのではなく、次回のセッションまでに
与えられた課題を守って生活することでした。

・・・トレーニングに関する注意や指示は先生の企業秘密もありますし
私の力では先生のおっしゃった意図を正確に表現することはどだい無理。
さらに愛犬や飼い主の性格や生活状況によって
同じ悩みでも対処法がちがってくると思いますので
内容について詳しく書くことは差し控えさせていただきます。
しかし、何も書かないのでは「姉妹の成長記録」というこのブログの意味がなくなるうえ
見守ってくださっている方々にも申しわけないので
今後は大まかにトレーニングの現状と進捗などを記していこうと思います。
(さらにつづく・・・いつも長文ですみません)

※今日のお写真はモカ姉さんのかわいい寝姿♪
 いつ見てもおもわず笑ってしまいますよ~
f0121712_1274585.jpg

f0121712_1275667.jpg

f0121712_128792.jpg

f0121712_1281974.jpg

by mochamama | 2009-09-24 22:59 | 我家のこと | Comments(2)


カウンセリング結果・・・

「つづく」なんて書きながらすっかり更新が遅くなってすみません!(汗)
(心配してくださった方々ありがとうございました~)

・・・で、たった今、熱心に書いた長~い文章が全部消えてしまって
すっかり気落ちしている私です(気落ちしながら心の中はやり場のない怒りの炎!!)
気を取り直してもう一度トライします~(涙)
*************************************

・・・ドキドキの初カウンセリング。
今までちばわんのベテランさんやカウンセラーの先輩方に相談したことはあっても
実際に訓練士さんのカウンセリングを受けるのは初めてです。
私と姉妹の関係はどうなのか、べっちゃんの吠えは何が原因なのか・・・
期待半分、不安半分の私でした。

訓練士さん(以下、先生)は私よりひと回りくらい(?)若い男性です。
先生が家の前に車をつける前から、敏感なべっちゃんは来客の気配を察して
「フン!フン!」と警戒の鼻息を鳴らしながら、窓の側をウロウロ。
私が玄関先で先生をお出迎えすると「ワン!ワン!!ワン!!!」と
いつものとおり家の中で吠えまくりです。

HPで写真は拝見していたものの、実際会った先生はちょっと無愛想で怖そう・・・
(先生ごめんなさい~(^^;))
鋭い目付きで家に入って姉妹(&私)の様子を観察します。

姉妹の様子はといえば・・・お決まりのパターン。
お調子者のモカ姉さんは、相手をしてくれる先生に飛びついてクンクンクン。
じゃれついて、たくさん撫でてもらって、お腹も撫でてもらって
アマガミもして、お決まりの「顔面飛びつき攻撃~!」
調子に合わせていた先生は、ここで動きを止めて首を横に振って「ノー」のゼスチャー。
モカ姉さんは「うぉん!うぉん!!(遊んで~!)」と数回吠えたけど
大人しく引き下がりました。

さてさてべっちゃんは・・・こちらもいつも通り吠え吠え(汗)。
モカ姉さんと遊ぶ先生にず~っと正面から吠えまくりです。
最初の集中的なワンワン(5分くらい?)の後は、お水を飲んでまたワンワン!
椅子に座っている私のまわりを1周してまたまたワンワン・・・
そのうち先生の手をペロッと舐めたりしてみるのですが、
それからさらにまたワンワン吠え出します。
普段、我家にお越しくださる方は犬好きの人が殆どなので
ここらへんで適当にべっちゃんを撫でてくれたり、声をかけてくれたりするので
べっちゃんもだんだん慣れるのですが、相手がずっと黙っていると
いつまで経ってもこの調子なんです。
そしてこの吠えはいくら私達が制止しても治まりません(涙)。

そうこうするうちに20~30分経過。
先生の「ハウスしてください」の言葉で姉妹は退場。
その後、先生から普段の生活の様子などについて質問を受け
観察結果と今後の訓練方針について説明を受けました。

そして気になるカウンセリングの結果は・・・私の接し方にだいぶ問題がありました。
以下は先生から受けた指摘ですが、詳しい言い回しは忘れてしまいましたし
先生の言った意図を正確に受け取っていないかも知れないので
きちんと伝えられないかも知れません。
また、短時間の観察による所見なので、今後、先生の指摘が変わってくる可能性もあります。
それをご留意のうえお読みくださいね~!!

まず、姉妹について・・・。
モカ姉さんは「少し要求が強そうに見える」とのことですが
バセットにはこうこう子が多いとのこと。
先生の言い方から判断すると、モカ姉さんにはそれほど問題があるようには感じませんでした。

そしてベス。
やはりこちらが大問題みたいです・・・(>_<)
先生曰く、ベスが必死に吠えていたのは最初の2~3分で、
あとは「お水を飲んだり、先生にお尻を向けたり、余裕で吠えてた」とのこと。
そして・・・
・吠えることが悪いとは少しも思っていない。
・私の叱りや誉めが通じていない。 
・もしかしたら将来、気まぐれに噛む子なるかもしれない。
 (これは信じられないけど・・・わかんないもんね)
でも、良いこと(?)もありました。
・少しビビリではあるけれども、ベスは人が嫌いなわけではない。
・吠えはそれほど深刻ではない。吠え止むきっかけを飼い主が与えてやれないだけ。
 (早くそれを教えて欲しい・・・)

べっちゃんにとっては、行動の基準が全てモカ姉さんで、
「生まれてからずっと自分で考えて行動したことがないのではないか?」と言われました。

いつもモカ姉さんに依存していて自分に自信がなく不安定なようです。
・・・そう言われると思い当たることばかり。
べっちゃんはビビリだけどモカ姉さんが一緒に居ると安心していられるので
どこに行くのもいつも一緒。
先日、たまたま1匹でトリミングサロンに連れて行ったら、いつも強気なべっちゃんが
サロンの愛犬にお尻のニオイをかがれただけで「びびりしょん」してしまったそうです。
サロンのママさんに「べっちゃんはモカちゃんがいないとダメなのよねえ・・・」と
笑われてしまいました~。
お散歩も片方だけ置いて行くと吠え続けるのでいつもいつも一緒。
べっちゃんはモカ姉さんが他の犬にご挨拶をするとヤキモチを焼いて
猛烈に吠えます。

そして私は・・・どうやら姉妹にとっては「空気」のような影の薄い存在みたいです(涙)
私は姉妹が家で静かに良い子で居られるので手がかからなくなったと思っていたのですが・・・
「一緒の空間に居て、(私が)姉妹に何もアクションしないのが一番いけない」とのこと。
(はぁ~覚悟はしていたけれど「空気」とはショック・・・002.gif
でも、普段の行動から冷静に考えると、べっちゃんにとってはモカ姉さんとの関係が殆どで
私は単なる「お世話してくれる乳母さん」のようなものなのかも知れないと思います。
仔犬の頃からお家の中では本当に良い子で、
なーんにも叱ることなんてなかったべっちゃん。
でも、だからこそ、飼い主との関係をしっかりと作らなければいけなかったんですね。
もちろん、我家のように育ててもうまくいく子は居るし、
飼い主の性格によっても違ってくるとは思います。
ただ、我家はそうではなかった・・・。
もっと早く専門の方に見てもらえば良かったと思いました。
(またまた・・・つづく)

f0121712_16205534.jpg

f0121712_16211021.jpg

by mochamama | 2009-09-23 12:36 | 我家のこと | Comments(6)


吠えグセを治したい・・・

なかなか吠えグセが治らないべっちゃん・・・
家の中では‘超’のつく良い子なのですが(親ばかです)
他人や他犬には吠えて、吠えて、吠えまくり・・・008.gif
特に他犬に対しては、相手がどれだけフレンドリーに接してくれても
背中の毛を逆立てて正面から威嚇するので
危なくて他の犬に近づけることができません。
お散歩もできるだけ他の犬に遭遇しない時間帯を選び
細い道で犬とすれ違うのを避けて、お散歩の目的地まではいつも車で往復しています。

そんな行動を治そうと、昨夏行った夫との矯正目的の早朝散歩も殆ど効果がありませんでした。
そして今年は夫の出勤時間が早くなったこともあって、早朝散歩はなし・・・002.gif

犬の少ないお昼間のお散歩ができない夏場をどうしようかと心配していたのですが
べっちゃんも昨夏よりは少しだけ進歩して、5メートルくらいの距離があれば(相手によりますが)
なんとか吠えずに他の犬とすれ違えるようになったので
(と言っても、吠えないだけで動こうとしなくなるので私が引きずって歩いてます)
どうにか夏場をしのぐことができました。
このべっちゃんの進歩(・・・と呼べるほどのものではないですが(^^;))は
ひとえに‘預りっ子’のおかげです。
特にフレンドリーなジェフ君をお預かりしてから、べっちゃんも少しは他犬の存在に慣れたのか
「他の犬を見て興奮して暴れまくり」ということがなくなり、
「首輪とハーネスのダブルリード」をやめて首輪だけにすることができました。
(まだまだ興奮するとガン引きで、首が絞まって舌が紫色になってますけど・・・(^^;))

「預りっ子がべっちゃんの他犬嫌いを治してくれるかも~♪」と喜んだ私、
夏の行事が終ったらまた犬のお預かりをしたいと考えいました。
できればフレンドリーな子をお預かりして、べっちゃんの教育をしてくれないかな・・・
なんて都合の良いことを考えていたのです。

しかし、家の事情が変ってお預かりは当面できそうもありません。
そして、たまたま「べっちゃんの吠えグセさえなければ・・・」と思う出来事が続き
「今治さなければ、またさらに悪くなってしまうかも知れない」と真剣に考えました。

最初はべっちゃんも参加できそうなしつけ教室がないかな・・・と調べました。
大勢のわんことご一緒できるしつけ教室が良いと考えたのですが
なかなか受け容れてくれるようなところがありません。
・・・もちろん、どこの教室も犬の大きさに制限などないのですが、
写真を見るとどこも殆どが小型犬かせいぜいコーギーや柴犬などの小さめの中型。
たまに大型犬がいてもラブやレトリバーなどの洋犬系のフレンドリーな純血種で
「大型に近いガウガウの和犬雑種」なんて絶対に無理だろうな・・・と思います。
今までも何度かしつけ教室を探したことはあるのですが、
いつも同じ思いで探すのが嫌になってしまいますね。
「某系列の訓練士は和犬は断るそうだ」とか「和犬の訓練は勘弁して欲しい・・・」などと
いう言葉を聞く機会があったからかも知れませんが、
どうしても気が引けてしまうのです・・・。

いつもはここでくじけてしまう私ですが
しつけ教室はだめでも、個人のトレーナーさんで和犬を得意にする人はいないかな・・・とか
(以前モカをお願いしていた訓練士の方は、今はママさん業で休業中なんです)
吠えグセを専門にしている方はいないかな・・・とネットに向かうこと数時間。
なんと家の近くに引き受けてくださいそうなトレーナーさんを発見!!
早速申し込んで、月曜日にカウンセリングに来ていただきました・・・(つづく)

f0121712_1683145.jpg
f0121712_168418.jpg

by mochamama | 2009-09-17 14:33 | 我家のこと | Comments(8)


太り気味・・・

すっかりご無沙汰してしまいましたが、我家の姉妹は元気にしています♪
f0121712_1554819.jpg

湿度が低くなって朝夕涼しくなってきましたね~!
今年の夏、脇の下やお耳に汗疹のようなブツブツが出てしまって
カイカイがなかなか治まらなかったモカ姉さんも
涼しくなってきたおかげで痒みが減ってきたようです。
f0121712_1554274.jpg


そんな今年の夏、大活躍してくれたのがこのイソジン外用薬!
f0121712_15544734.jpg

動物病院でぬり薬も処方してもらっていたのですが
これで消毒するだけで随分改善しました。
(ちなみにマキ○ンはほとんど効果なし・・・でした)
毛や皮膚が赤茶色に染まってしまうのが難点ですが
お散歩あとの身体拭きでほとんど落ちてしまいますし
シャンプーすれば色は残りません。
お耳の中がひどく汚れたときの汚れ取りにも使っています。
f0121712_163022.jpg



最近、家の事情でお留守番が増えてしまった姉妹・・・。
お散歩も短めのことが多いのに、おやつをあげることが増え
先週動物病院で量ってもらったら・・・
モカ姉さん 21.0キロ (とうとう21キロ代に突入 (>_<))
べっちゃん 16.15キロ(べっちゃんは初の16キロ越え~♪ 目指せ17キロ!)
おふたりとも順調に増加してました。
べっちゃんはまあいいとして、モカ姉さんは短足胴長犬なので
これ以上増えると良くないですね・・・
涼しくなってきたから、がんばってお散歩してこれ以上増えないようにしようね。
f0121712_16103811.jpg


と、いうことで曇りがちで涼しい木曜日
二人を連れて葛西臨海公園へ長めのお散歩に言ってきました。
私も先週は疲れが出たのが、頭痛と吐き気でウツウツしていたので
一緒に気分転換~060.gif
平日は公園も空いていて、波の音を聞いたり、野鳥を眺めたりしながらのんびり歩いて
姉妹も私もすっかり満足しました。
f0121712_16245482.jpg

特に「お散歩=ニオイ取り」のモカ姉さんは、
いつもと違うニオイを嗅いで脳みそフル回転だったようで
帰宅後は夕食の準備にも気付かず熟睡してましたよ(笑)。
ふたりともまた行こうね~!!
f0121712_16251467.jpg


最後の写真は全然関係ないけどモカパパのギターコレクション。
一度お買い得品を見つけてから夜な夜なネットでチェックしているらしく
今年になってから既にもう4本も購入005.gif
昨日、最新のが届いたので満足気に自分のお部屋に並べて写真を撮ったのでした。
おとーさん、もう置く場所ないからね!!034.gif
f0121712_1611998.jpg

by mochamama | 2009-09-06 11:49 | 我家のこと | Comments(6)

    

保護犬出身の愛犬たち、モカ・ベス・太雅の3わんと、保護預かり中の犬たちの日常を綴ります。
by mochamama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
☆我家の紹介☆
【新浦安在住;夫婦と
3わん&預かりっ子の
ドタバタ生活記録です】
★モカ
(バセット・ハウンド)
我家の長女
誕生日;2004年
5月頃?(推定)
2005年11月に
保護団体から
我家に来ました。
性格は頑固で自分勝手
飼い主より食べ物が好き
な超食いしん坊娘。
チャームポイントは
上目遣いの赤いお目目
とネバネバのヨダレ。
趣味は匂いをかぐこと。

★ベス(和犬MIX)
我家の次女
誕生日;2006年
10月26日(推定)
生後間もなく保護団体
にレスキューされ
そのまま一時預かり
の我家の次女になった
おしゃべり犬。
性格はビビリのくせに
強がり。
そしてすごい甘ったれ。
チャームポイントは
ドスの効いた唸り声と
フサフサのお尻尾。
趣味は知らない人と
他のわんこを威嚇
すること。

★太雅<タイガ>
(長毛の秋田犬)

我家の長男
誕生日;2012年
頃(推定)
動物愛護センター出身
昔ながらの秋田犬の
性質を色濃く持つ暴君
実はすごいビビリで
で甘えん坊
チャームポイントは
人を惑わす笑顔(笑)
家族以外の人間は
触れません><

★モカパパ(人間)
ヘビメタとお笑いを
こよなく愛する
インドア派。
ビール大好き底なし男。
性格はモカそっくりで、
食べること命!
趣味はギター集め。

★モカママ(人間)
このブログの管理人。
秋田犬を中心に
捨てられた犬の
レスキューをしています。
退職後のんびりした
専業主婦を目指すも
個性的な姉妹と
預かりっ子のお世話に
髪を振り乱す日々。
ワインと熱燗が
大好きなのんべえ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> my-tyatyaさ..
by mochamama at 23:15
モカママさんへ 本当に..
by my-tyatya at 23:48
> 鍵コメさん はい!..
by mochamama at 18:55
> tommyさん コ..
by mochamama at 23:53
こんにちは!ユキとはーく..
by tommy at 10:47
> 鍵コメさん ホント..
by mochamama at 22:30
> 秋田犬 純さん あ..
by mochamama at 21:36
モカママさま かな..
by 秋田犬 純 at 01:24
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
検索
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧