もももの部屋(家族を待っている保護犬たちと我家の愛犬のブログです)


カテゴリ:我家のこと( 240 )



カーペットを敷いたわけ・・・

ブログの更新が日々の出来事に全然追いついていない私です・・・(大汗)
べっちゃんのお出かけのことも、訓練のことも、姉妹の成長に欠かせない要素なので
じっくり書きたいのですが、今日は季節の話題を先に書きます。

********************************
昨日、家の冬支度をしました。
と言っても、1Fのリビングとサンルーム(という名の姉妹のお部屋)に
カーペットを敷いただけなのですが、敷く前に床の拭き掃除を徹底的にしたので
結構疲れました(特に腰が・・・笑)。
ここに越してきて2回目の冬。
昨年はまだ家が乾ききっていないため、カーペットは敷かなかったのですが
さすがに冬は寒かったし、今年は「特別な事情」もあるので通販で購入。

私のすることをバリケンハウスの中で興味津々に見ていた姉妹、
外に出したら、さっそくモカ姉さんは丹念にニオイチェック・・・
f0121712_16553124.jpg

そして広くなったお部屋(大きな長座布団をどけただけですが)でプロレス開始!!
f0121712_1656375.jpg

f0121712_16562912.jpg
f0121712_16563835.jpg
f0121712_16564758.jpg

・・・裏面に滑り止めが付いていない安物(笑)なので、
あっという間にグチャグチャに。
(せっかく床を拭いたけど、またモカ姉さんのヨダレで汚れてしまった・・・涙)
f0121712_1657799.jpg

まあ、元気なのが一番ね~
長座布団は当面なくてもいいかな?
f0121712_16574468.jpg


実は「特別な事情」とは姉妹の訓練!!
今、「フセ」の特訓(姉妹ともに「フセ」が大嫌いなんですよ)」の真っ最中で、
部屋のあちこちで「フセ」の号令をかけています。
でも、姉妹ったら冷たい床に伏せるのが嫌なようで「フセ」というと
長座布団まで行って伏せたりするんです。
私も、なんだか冷たい床に伏せさせるのが忍びなくて、カーペットを敷いたのでした~(^^;)

きっと、こんな大甘な飼い主だから、姉妹もいうことを聞いてくれないのでしょうね。
あーあ、訓練士さんにこんなこと言えないなあ・・・(大汗)

f0121712_174105.jpg

by mochamama | 2009-11-13 15:40 | 我家のこと | Comments(2)


べっちゃん人馴れプロジェクト!?

おかげさまで義母のことも少し落ち着いて今は少し余裕がある私、
今のうちに「べっちゃんの人馴れを一気に進めようプロジェクト!」と称して
(「この機会にたくさん遊んじゃえプロジェクト」とも言います~笑)
先週はお出かけしたりお客さまをお呼びしたりで
あっという間に過ぎてしまいました。

まずは篠崎でご近所だったMちゃん、姉妹に会いに来てくれました♪
姉妹がMちゃんに会うのはお正月に遊びに来てもらって以来です。
最初からでろ~んと甘えるモカ姉さんに対して
べっちゃんは最初のうちは「ワンワンワン!」と警戒吠え(ありゃありゃ)。
でも、さすがにべっちゃんも大好きなMちゃんのことはすぐに思い出したようで
その後はずっと大喜びでしたよ019.gif
f0121712_2242459.jpg
f0121712_2243521.jpg


つぎのお出かけのことも書こうと思っていたけど
写真を選んだだけでタイムアップ・・・(^^;)
つづきはまた改めて書きます~
by mochamama | 2009-11-11 22:04 | 我家のこと | Comments(0)


べっちゃん試練の1日~(笑)

ハロウィンはケルト人にとっての「お盆」のようなものらしいですが・・・
姉妹は大好きなかぼちゃを食べられるので単純に喜んでいます。
(姉妹に負けず劣らず、私も甘いかぼちゃが大好きです♪)
f0121712_448520.jpg

f0121712_4523012.jpg

f0121712_4482675.jpg


ハロウィンとは関係ないのですが、我家も今日(もう昨日ですけど)は
ある行事に参加してきました♪
お台場の潮風公園で開催された「犬のいろは」
「ガウガウのべっちゃん&いきなりキレるモカ姉さん」のワルワルコンビゆえ、
できるだけ犬の集まる場所を避けて行動してきた私達にとっては初のイベント参加です058.gif

今、お願いしている訓練士さんがイベントのトレーナーさんのひとりとして参加されることを知り
渋るモカパパを「父親の義務っ!」と強引に説得して会場へ。
今年の企画「問題犬用ドッグラン(きゃ~素敵!)」は
人馴れ&犬慣れが必要なべっちゃんにとってまたとない好機ですし
他犬へいきなりガウガウすることの多いモカ姉さんの他犬への関わり方を
見てもらえるチャンスでもあります。
なんて素晴らしい企画なのかしら~041.gif
f0121712_828062.jpg

f0121712_8285432.jpg

会場に到着して早速ドッグランへ。
きっと混雑しているんだろうな~?と思っていたのですが
「問題犬用ドッグラン」は思ったより空いていました。
(もっと混んでいるかと思っていたのですが・・・
お台場という場所柄か純血種の小型~中型犬が殆どのイベントだったので
きちんと訓練が入った子が多かったです)
f0121712_92792.jpg

f0121712_921873.jpg


そしてドッグランではご近所のゴンちゃん&チョビちゃんの兄弟に会いました~♪
・・・この子達は1歳ちょっとの同腹兄弟です。
悠々としている兄貴分のゴンちゃんと、ちょっとビビリの弟分のちょびちゃん。
身体が大きめのごんちゃんは、モカ姉さんのプロレスに付き合ってくれる貴重な存在です。
お散歩でしばしばお会いするのですが、姉妹が唯一仲良できる犬たちで
べっちゃんもちょびちゃんを遊びに誘うなど、本当にありがたい存在なんです。
実はこの兄弟、我家のお願いしている訓練士さんにパピーの頃からお世話になっているそうです。
私はまったく知らずに今の先生に訓練の依頼をしたのですが、後で知ってびっくり!!
全然問題など無いように見える兄弟なんですけど、気の合わないオス犬には吠えてしまうそうで・・・
色々悩みはあるもんなんですね・・・
f0121712_923622.jpg


さて、問題犬用ドッグランでもダントツで吠え吠えだったべっちゃんですが
(間違いなく会場で一番吠えていたと思います・・・大汗)
数時間会場で多くの犬に接しただけで、随分場所に慣れました。
(吠え疲れただけかも知れませんが~笑)
訓練士さんからも「思ったより大丈夫そうですね。あとは場慣れを重ねるだけです」と
嬉しいお言葉をいただきました。

ただ・・・問題はモカ姉さん。
いきなり他犬にガウガウすることが多く、やはり「攻撃性が高い」と言われました。
(帰宅後、「モカはドッグランは無理かもね・・・」とモカパパとも話しました(涙))

f0121712_93763.jpg
f0121712_931480.jpg


このイベントは10名近いトレーナーさんが参加しているので
いろんな人の意見が聞けます。
モカ姉さんのことは他のトレーナーさんから
「女の子は高齢になってくると気難しくなるので、挨拶は短めに」とアドバイスを受けました。
(確かに機嫌よく挨拶していても、長くなるといきなり怒り出すことが多いんです)
男の子は歳をとると穏やかになるそうですが、女の子は反対だそうで
トレーナーさん(女性です)曰く「人間の更年期と同じようなもんです」とのこと。
私は性別に関係なく「歳をとると穏やかになる」と思っていたので
認識を改めましたよ~!

そして、ガウガウする子は「ガウガウさせないこと」が一番大切だそうです。
『ガウガウする経験が多くなればなるほど、我慢できなくなりキレやすくなる。
疲れていたり、飽きてきたりのサインがあれば静かなところで休憩させるなど
飼い主が愛犬のサインを上手に汲み取ってあげられれば
愛犬も飼い主を信頼して穏やかにできようになる』とのアドバイスをいただきました。


今までこちらの言うことを聞いてもらうことばかり考えていたけれど
愛犬の気持を察して行動することが大切なんだな・・・と反省しました014.gif
f0121712_934796.jpg
f0121712_9355100.jpg

今日のイベントは姉妹にとっても私達にとっても、学びの良い機会になりました。
(モカパパも思いのほか楽しんでくれたみたいです♪)
次回もぜひ参加したいと思います003.gif
f0121712_97289.jpg

by mochamama | 2009-11-01 03:49 | 我家のこと | Comments(8)


べっちゃん3歳になりました~♪

またまたすっかりご無沙汰してしまいました。
ここ2週間ほど、自分ことや、家のことや、
そしてちょこっとちばわん「ねこ親会」のお手伝いもしていて
なんだか飛ぶように時間が過ぎていました。

姉妹は元気にしていますが、お留守番が多いので
すっかりバリケンに入る癖がついています。
べっちゃんなんて、バリケンの水入れにお水を入れる音を聞くだけで
すたこらさっさとバリケンに入ってしまうんですよ(笑)。
バリケン訓練をしている頃、バリケンに入れると「出してーーー!!」って
大騒ぎして、中でオシッコしていたのが嘘のようですね037.gif
f0121712_22435927.jpg


この前の日曜日はちばわんの「ねこ親会」でした。
私も運搬のお手伝いで会場へ。
最後までは居られなかったけれど、会場でたくさん元気をいただきました。
篠崎いぬ親会のボランティアさんも数名お手伝いに来てくださっていて
久しぶりに楽しいお喋りもできました♪
(写真撮らなかったので、ちょ~さんからお借りしました~m(__)m)
f0121712_14473873.jpg

あいにくの雨でしたが、会場には多くの方がお越しくださり
嬉しい報告もたくさん~060.gif
ねこ親会の報告は後日イベントブログにアップされますので、ぜひご覧くださいね~!!
会場には「一時預り」を検討しているという方もお越しくださって、私も質問を受けたのですが・・・
なんと言っても、私は「ねこ」初心者・・・ねこちゃんを触ったことすら殆どないので
質問を受けても「誰か詳しい人いないかな~」と他の人につなぐしかなく
申しわけない気持ちになりました~008.gif
「ねこ親会」来月も開催します。(詳しくはこちら→11月ねこ親会
会場はとても静かでアットホームな雰囲気です053.gif
みなさま、ぜひ遊びに来てくださいね~!!

さてさて、そして一昨日の月曜日は我家のべっちゃんの3歳のお誕生日でした。024.gif
f0121712_14484359.jpg

当日はお祝いもできなかったのですが、
今日、モカパパが休暇を取ったので
久しぶりにドッグランで遊んできました~060.gif
走るのが大好きなべっちゃん、平日で貸切状態のドッグランで
とても楽しそうでしたよ~!!
f0121712_15182520.jpg
f0121712_15183811.jpg
f0121712_15184652.jpg
f0121712_15185598.jpg



現在、出直し訓練中のべっちゃん、
今日も後から来たフレンドリーなわんちゃんをしつこく威嚇して
とうとう怒らせてしまった未熟者ですが
家の中では‘パパママ大好き♪’のペロペロ犬です。
人見知りも犬見知りも激しくて、まだまだ修行が必要だけど
笑顔が可愛くて、いつも家族のことを心配してくれる忠犬べっちゃん、
これからもモカ姉さんと仲良く、いつまでも元気で笑顔でいてね~058.gif
f0121712_14534571.jpg


067.gifそして、べっちゃんと同腹の兄弟くん達もお誕生日おめでとう067.gif
(こんどみなで集まりたいね~!)
f0121712_14543744.jpg
f0121712_14544541.jpg
f0121712_1455558.jpg

f0121712_153131.jpg

by mochamama | 2009-10-28 23:27 | 我家のこと | Comments(10)


マーキング?

モカ姉さんと別々のお散歩を始めて早1ヶ月。
以前より引きも吠えもマシになってきたべっちゃんです058.gif

全然知らない道では、尻尾を下げてオドオド歩くビビリのべっちゃんも
慣れている場所では俄然強気!
べっちゃんの自立のためにも、できるだけ「知らない場所」に
お散歩に行くようにしてはいますが
家からの徒歩圏内は行きつくしてしまったし
時間のないときはいつもの公園になってしまいます・・・(^^;)

今日もちょっと時間がなくていつもの海浜公園に行ったら、
べっちゃんったら、お散歩直前に家でたくさんオシッコしたにもかかわらず
お散歩中に2回もオシッコしました。
草地で念入りにニオイを嗅いだあと、そこでしゃがむべっちゃん・・・
えー、もしかしてマーキング!?

「マーキング娘(苦笑)」のモカ姉さんが一緒のときは
マーキングなんてしなかったべっちゃんなのに、
今後はどうなるのかな・・・?
明日もバタバタでご近所しか行けそうにないので
べっちゃんがどうするのか楽しみだな~023.gif
f0121712_841751.jpg

f0121712_8411690.jpg

by mochamama | 2009-10-15 23:46 | 我家のこと | Comments(4)


いろいろ想うこと・・・

夜8時半すぎ、新浦安はものスゴイ雨が降りました057.gif
ちょうど雨のピーク時にモカパパを駅まで迎えにいったのですが
ワイパーを最強にしても前が見づらかったです(知らない道なら運転できないかも・・・)。
歩行者も雨で前が見えないのか、駅前のロータリーでもみんなウロウロ。
モカパパもこの目立つ黄色い車を見つけられませんでした。

でも、この豪雨、私にとっては天の助け(?)だったんです060.gif
実はちょうど1週間前の台風で、我家のベランダはあちこち塩が吹いていたんですが
これが綺麗に流れ落ちてくれましたー!!
我家から海までは直線距離で1キロちょっとあり
その間には巨大なマンション群が立ちはだかっているのですが
前回の台風のパワーは、そんな障害物などものともしなかったようですね・・・
ガラス戸などもすっかり曇ってしまって、
毎日毎日水拭きしてやっと綺麗になったのですが
手の届かない位置や細かい隙間には塩の結晶が残ったままで
「ざーっと雨でも降って塩を洗い流してくれないかな・・・」と待ち焦がれていたんです。
濡れタオルで拭いただけの車も、モカパパを迎えにいった間にすっかり綺麗になって
本当に「恵みの雨」でした003.gif (雨で困った方、ごめんなさい~)
f0121712_13515144.jpg

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

さてさて、本題です~027.gif
このところ、訓練のことを中心に書いていますが
本当に「犬の性格に合わせたアドバイス」って大切だな・・・と痛感しています。
モカ姉さんは我家に来た当初とべっちゃんを預かってすぐの頃に訓練士さんにお世話になりましたが
べっちゃんはお散歩デビューの時にちょこっと見てもらっただけで
あとはずっと家でしつけ(と言えるほどのことはしてませんが・・・)をしていました。

べっちゃんが生後半年を過ぎて「吠えグセ」が出てきた頃に
私が「ドッグライフ・カウンセラー」の勉強を始め
その後もカウンセラーの勉強会などに参加していたこともあり
訓練士さんに見てもらうことは考えてもいなかったんです。
それにべっちゃんは家では本当に良い子なので
わざわざ訓練士さんにお願いする必要があるとは思っていなかったんです。
(でも、だからこそ、客観的に見てもらう必要があったんですね・・・(^^;))

しかし・・・、吠えグセを治そうと、一生懸命カウンセラーの教本どおりにがんばっても
いっこうに良くならず、とうとう3歳近くになってしまいました。
もちろん、習ったとおりにやって吠えグセが治る子もたくさん居ます。
でも、べっちゃんの性格や環境では難しかった・・・。
我家も100%教本どおり完璧にできているわけではないのですが
今のままだったら、べっちゃんはずーっと吠え続けたんだろうなと思います。
(老犬になって吠える元気がなくなるまで・・・)

今のべっちゃんの状態では、いくらお散歩で「吠えてはダメ」なんて言っても
それは無理のようです。
「吠えるな」と教える前に、自立しなければならないし、
それはモカ姉さんと一緒に行動している限り難しい・・・。
「何事にも先住犬を優先して・・・」というカウンセラーの教えを守った生活状況では
いつまで経ってもべっちゃんは自立できないんですね。

カウンセラーの勉強やしつけの方法を否定するつもりはないし
犬に関する一通りの知識を身につけるには最適なものだと思います。
これらの知識は日常生活で非常に役立っているし、
べっちゃんはこのおかげで車にも乗れるようになりました。
そして、勉強して試してみたからこそ、うまくいかないこともあると解るのであって
何もしていなければ、今と同じ訓練を受けても
こんなに深く考えることはなかったと思います。

・・・なんだかグダグダ書いてしまいましたが、
犬のしつけって、子供の教育と一緒で本当にたくさんの方法があって迷いますよね。
本を読んでみても正反対のことが書いてあることもしばしばですし
犬は話せないので、どれが良い?とも聞けない。
いくら効果的な方法でも、愛犬の性格にも、
そしてしつけをする飼い主の性格にも合っていないと継続は難しいし・・・。
やはり経験にまさるものはないでしょうね。
犬との暮らしで悩んだら、経験豊富な人に客観的視点で見てもらうことって
大切だなあと思う今日この頃です。

※台風前の数日、モカパパの遅い夏休みが取れたので
 家族旅行に行って来ました。
 その散々(笑)なお話は、また今度・・・
f0121712_15233610.jpg

 
by mochamama | 2009-10-14 23:34 | 我家のこと | Comments(2)


1回目のレッスン!

訓練の記録を残しておきたいと思いながら随分間が空いてしまいました・・・
カウンセリングの後、訓練士さんに今後の訓練をお願いし
9月25日に第1回目、10月9日に第2回目のレッスンを受けました。

第1回目のレッスンは主にべっちゃんの観察でした。
カウンセリングの時に説明を受けたのですが、レッスンは2匹同時ではなく1匹ずつ行います。
で、まずは問題の大きいべっちゃんから・・・ということで
モカ姉さんはバリケンで待機してもらって、べっちゃんを先生にみてもらいました。

室内でべっちゃんにリードをつけて先生の側をうろうろと歩いたり、
実際に先生がリードを持ってみたりしてべっちゃんの反応を観察しました。
前回同様に、先生に吠えて吠えて吠えまくりのべっちゃん(大汗)。
べっちゃんは臆病なのにがんばってしまうタイプです。
飼い主の後ろに隠れる臆病さではなく、怖いからがんばって吠えてしまうんですね。
「動物と仲良くなるにはおやつが一番の近道♪」ということで
先生がべっちゃんにおやつを与えても、べっちゃんは食べるどころではありません。

ちょっと話が脱線しますが、べっちゃんは家族以外の人からおやつを貰う機会が殆どありませんでした。
仔犬の頃から、食べ物を見ると凶暴になるモカ姉さんといつも一緒だったので
私達飼い主がおやつを持っている人にはなるべく近寄らないようにしていたからです。
でも、これがべっちゃんが他の人と仲良くなる機会をさらに奪う結果になっていたんですね。
(今頃気付いた私です・・・(>_<))
今では吠え吠えのべっちゃんにおやつをくれるような奇特な人はいらっしゃいません(笑)。

そしてべっちゃんは私がリードを持っている間は吠えますが
先生がリードを持つと吠えません。
飼い主の後ろ盾があると急に強気になるのは、べっちゃんが私に依存している証拠です。
先生がリードを持つと、尻尾を下げてこわごわ歩き
できるだけ先生から遠ざかろうとするべっちゃん。
先生からはその僅かな「逃げ」をリードでぐっと引き留めて
「逃げを与えない」方法を教えてもらいました。

(人間から見ると「僅か」でも、べっちゃんにとってはそれが「全て」なので
それを見逃してはいけないのです)

その後、じっと立っている先生の側は普通に歩けるようになったべっちゃんですが、
先生の位置が変わると、またビクビクとしたり吠えたりします。
これは以前からあることで、やっとお客さまに慣れたと思っても、お客様がトイレに立ったりすると
途端にまた吠えることが多いんです(同じような反応を示す子も多いと思います)。
私は単にお客さまが動くのを警戒して吠えているのだと思っていたのですが
結構慣れたなあと思っていても、動くと吠えてしまうのがとても不思議でした。
でも、この理由を先生に説明してもらって、とても良く理解できました。
べっちゃんにとっては先生の位置が変わると
それはもう「同じ先生」だとは理解できないそうです。
(座っている先生は優しいけれど、立つと怖いかもしれない・・・って感じでしょうか?)
だから、警戒して吠えたり唸ったりするんですね。
人間が簡単に「同じ」だと認識できることでも犬にとっては難しく
犬族の中ではラブラドールがこの能力に優れているため、
盲導犬などの使役に向いているそうです。

さて、長くなりましたが、先生のべっちゃんに対する観察結果は
・臆病ではあるが、人間を怖がっているわけではない。
・自分から人間に牙を剥くタイプではない(追い詰められたときは別です)。
・いつも判断を飼い主や先住犬に頼っているので、自分で考えて行動できない。


ということで、べっちゃんに与えられた課題は、
①できるだけ知らない場所を歩いて経験を積むこと
 (もちろんモカ姉さんとは別にお散歩)。
②他人からおやつをもらう機会を作ること。
③べっちゃんのちょっとした「逃げ」を見逃さず、逃げる部分を与えないこと。

でした。

先生の言葉をうまく説明できないかも知れないのですが
べっちゃんが吠えたりすることなく物事に対処できるようになるためには
(A)「飼い主とのつながり(解りやすく言うとコマンドの効き)」
(B)「ものごとを弁別する能力(さっき説明した「同じ」と判断する能力)」
この(A)と(B)を足して100%にする必要があるそうです。
現在のべっちゃんには(A)も(B)も不足しているので、足して100%には程遠い状態です。
そして課題は(B)の部分を補うためのものなんですね。

f0121712_2115262.jpg


・・・もう2週間以上前のことで、細かなことは忘れてしまっていたのですが
こうやって思い出してブログに書くだけでも、随分と頭が整理できた気がします。
2回目のレッスンのことも、できるだけ早めに書きたいと思います。

あ・・・それから、初回のカウンセリングのときは「ちょっと無愛想で怖そう」な印象だった先生ですが
実はとてもとても丁寧で優しい方でした(大汗)。
それに経験も豊富で、お話を聞いているだけでとても勉強になります。
(お詫びして訂正いたします~m(__)m)
f0121712_212566.jpg

by mochamama | 2009-10-11 23:51 | 我家のこと | Comments(2)


もう、うんざり・・・

とーってもしばらくぶりの更新ですが、グチです・・・
「犬と暮らす」って何なのでしょうね?
一生懸命しつけをしようとしても、夫に「何の意味があるの?」なんて邪魔され
毎日、毎日、夫婦喧嘩。
もう、いい加減にうんざりです・・・。

ベスに引かれて転倒して怪我した私、
動けなくて倒れていたら「恥かしいから早く起きろ!」だって・・・。
私がこけたのも夫に言わせれば「ドジでマヌケ」だから。
それが「ベスを引取るならどんな苦労でもする」って
駄々をこねた同じ口から出たとは思えません。

まあ、別に何か期待しているわけではないんですけどね・・・

明日の朝になったら元気を取り戻して、
ブログ書くつもりです。
by mochamama | 2009-10-10 22:05 | 我家のこと | Comments(8)


トレーニング開始!

(またまた前回の続きです)
さて、訓練士さんのカウンセリングの結果、
今後のトレーニングをお願いすることになった我家に
次からの本格的な指導に備えて課題が出ました。

今後の訓練方針は、まずは「オビディエンスの徹底!」
(やはり何事もここからですね・・・(^^;) )
実は私はオビディエンス(「服従訓練」)という言葉が大嫌いです。
「服従」という言葉にとっても違和感があり、日常生活に支障がなければ
わざわざ服従訓練なんてしなくても・・・って思っていました。
私の理想は「飼い主が命令しなくても、愛犬が飼い主の気持を察して行動するようになること」ですし
愛情をかけて一緒に暮していれば自然とそうなっていくと信じていました。
そして確かに、家で家族といる限りは姉妹はとても良い子で居てくれます。
でも・・・来客時や外ではそれとは程遠い状態で、私達のコマンドも耳に入らない状態であることを
直視しなければなりません。
そして先生曰く、「家の中で練習もしていないことが外で出来るワケがない・・・」
はい。おっしゃる通りでした(大汗)。

そして、そのためには、姉妹が私に注目するようにしなければなりません。
方法論としては・・・
①フリーの時間を減らすこと
②できるだけモカとベスを一緒に行動させないこと
(他に細かい注意や指導もあるのですが、
前回書いたような理由から大まかなところだけ記載します)


最近の姉妹の生活は、就寝(夜9時頃~朝7時すぎまで)のバリケン以外は
殆どフリーでした。
今年になってやっとモカ姉さんの食糞癖も治り(‘多分’ですけれどね)、
イタズラをすることもないのでお留守番もフリーにしていたのですが
私が姉妹をみていられる時間以外は基本的にバリケンに入ってもらいます。
f0121712_2252888.jpg

そして、とっても大事なのは「姉妹を一緒にさせないこと」。
やむを得ない時間(モカパパが楽しみにしているお昼寝とか・・・苦笑)もありますが
お散歩は絶対に別々です。
(ちなみにモカパパは今回の訓練に大賛成という訳ではありませんが
生活上の注意を守ることなどできる範囲で協力してくれています)
f0121712_22511042.jpg


・・・この「別々のお散歩」は私の最も苦手とすることでした。
一度にお散歩して時間を節約したいという理由も大きいのですが、
1匹だけ置いて出るのが可哀そうでできないんです。
また、以前のマンションでは、犬を連れてエレベーターに乗る回数をできるだけ減らしたい
という現実的な理由もありました。
「しつけのためにはお散歩は別々の方が良い」ということは頭では解っていたし
何度かそのようにアドバイスをいただいたこともあるのですが、
結局、別々のお散歩に慣れさせないまま今日まで来てしまいました。
結果、たまに必要があって1匹だけ外に連れて出ると、
お留守番の方がず~っと吠えまくってご近所迷惑という事態になってしまっていました。
しかし、ここでまたくじけたらもう次はありません。
この日から心を鬼にして(やっぱり大げさ・・・)お散歩を別々にしました。

初日は・・・まずモカ姉さんだけ連れてお散歩へ。
べっちゃんはバリケンでお留守番です。
置いて行かれたべっちゃんは・・・あれあれ?すっごい静か~!と思いきや・・・
初日は「自分が置いて行かれた」とは思わなかったみたいで
(きっとそんなことがあるわけないと思っていたんでしょうね)
次の日からギャン吠えでした。

反対にモカ姉さんは・・・初日は吠えまくり~!
翌日から大人しくなったので「やっぱりモカ姉さんは物分りが良いのね♪」と思っていたのですが
これは単に様子をみていただけみたいです。

そして別々にお散歩を開始して4日目・・・
この日は私も多忙でお散歩が遅い時間になり
どうしても吠えさせたくない時間になってしまいました。
でも、そんな事情なんてどうでも良いべっちゃん、
モカ姉さんと散歩に出ようとすると、またしても「ギャン吠え」(涙)。
とうとう私は思い余って、バリケンにかぶせていた布で床をビシビシ叩いて
「いい加減にしーや!誰のせいで苦労してると思ってんのん!!」と怒鳴りつけました。
(東京言葉では感情がこもらないので大阪弁です~!)
生まれて初めて私に怒鳴られたべっちゃんは、よほどショックだたのか
私が帰宅してバリケンの覆いを取るまでずっとおとなしくしていました。
その日はその後べっちゃんをお散歩に連れて出ようとすると
何故かモカ姉さんも吠え吠えだったので
(べっちゃんが怒られたのを覚えていて図に乗ったのだと思います;笑)
モカ姉さんも同じように叱られるハメに・・・これも効果てきめんでした。
f0121712_2253229.jpg


その後はそういう叱り方はしていませんが、
お散歩に出るときに「キューン」とか「ヒンヒン」とか鼻鳴きする程度で
姉妹共に静かにお留守番してくれるようになりました037.gif
そして別々のお散歩は、私にとっては時間的には大変でも精神的にはとっても楽ちん♪
2頭引きだと常に気を張ってお散歩していなければならなかったのですが
1匹だけだと制御が楽なので、モカ姉さんやべっちゃんの様子を見ながら余裕で歩けるし、
他の飼い主さんと立ち話をしたり、モカ姉さんの場合は
相性がよければ犬同士で遊ばせたりもできます。

最初はちょっと大変だったけれど、その気になればできるんだな・・・と
後悔半分、ホッとした気分半分の私でした。
そして昨日はカウンセリング後初の本格的なレッスン・・・いよいよトレーニングの開始です。
またしてもドキドキハラハラで先生をお迎えした私でした~!
(つづく・・・)
※書き残しておきたいことが多すぎてついつい長文になってしまいます。
 文末までお付き合いいただいた方々ありがとうございました~m(__)m
by mochamama | 2009-09-26 21:56 | 我家のこと | Comments(8)


夢は大きく~!

(前回からのつづきです)
日常生活について質疑応答のほかに、先生と色々お話しました。
まず、聞かれたのは「犬とどんな生活がしたいか」ということ。

私の夢は「モカ&ベスといつも一緒にお出かけすること」です。
旅行もしたいし、ドッグランも、公園も気兼ねなく行きたい。
今のように、『平日のなるべく人の居ない時間を狙って・・・』ではなく
休日も、夕方も、心配しないで楽しく出かけたいのです。
(ちなみに・・・インドア派で「姉妹と一緒にお昼寝できれば十ニ分♪」という夫は、
姉妹の世話は私に任せて、現状維持で十二分だそうですが・・・)

べっちゃんの吠え吠えを治したいのはもちろんですが、
モカ姉さんにも問題は沢山あります。

一見のんびりムードで愛想がいいモカ姉さんも、
初対面の犬には正面から無遠慮にニオイを嗅いで、
相手が大人しくしていてもいきなり「ガウッ!」とすることが多く
安心して他の犬にご挨拶させることはできません。
(反面、相性の良い子はいきなり遊びに誘ってみたりもします)

そして一番怖いのは、おやつなどの食べ物を見つけると
周りのわんこは全部「敵」とばかりに、いきなり首に噛みついてしまうことです。
(小型犬は首を咥えて振り回してしまいます)

「他のわんちゃんと並んで一緒におやつ♪」なんてことが
普通にできる愛犬と暮している飼い主さんには理解できないと思いますが
危なくて危なくておやつを持っている人には近づけることができません。
我家に来たばかりの頃はモカパパを5回も噛んだモカ姉さん
(あの頃は大変だったなぁ~と今でもしみじみ思います)
今は人間にはさすがに噛みつきませんが、
やはり気に入らないときは鼻にシワを寄せて「フゥ~ン」と
警戒の声を出します。
小さな子供さんにはうっかり近づけられません。
そういう意味では、吠えて人や犬を近づけないべっちゃんよりも、
一見フレンドリーに見えるモカ姉さんのほうが危ないのです・・・。
(これらはモカ姉さんの行動を矯正しきれない
私達飼い主の問題だということは解っているんですけれど・・・(^^;))

・・・ちょっと話が脱線してしまいましたが
そんな話をする中でとっても印象に残った先生の言葉があります。
それは「犬が居るからと言って、何かを我慢する生活をする必要はない」
というひと言。
これにはどう表現して良いか解らないほどショックを受けました。
きっと、それだけ我慢していることが多いのでしょうね・・・
「我慢」という言葉は適当でなくても「制限」の多い生活。
それが当たり前だと思っていたけれど、そうではないのか・・・?
そういえば、ちばわんのスタッフさんの中にも愛犬と預かり犬を複数抱えながら
バリバリと仕事もボランティアもしている人がたくさん居るなあ・・・と
そんなことを考えながら先生の言葉を聞いていました。

私の理想の生活などについて聞いた先生は
「簡単ではないし、時間もかかるけど、きっとできます」
(‘きっと’と言ったかどうかは忘れましたが・・・笑)
もちろん、これには飼い主がきちんと先生の注意を守って
トレーニングを続けることが前提です。
実は私は心の中で「え~っ?」って思いました。
きっと「犬にも性格や特性があるので、できないこともある」って
言われると思っていたのです。
でも、これはドッグライフカウンセラー的な考えなのかも知れませんね・・・
「なるべく犬達の意思を尊重して、譲歩するところは譲歩して犬と折り合いを付けて生活する」
ずっとそう思って生活してきたのが、実は逆効果だったのかも知れません。

まあ、そんなこんなで先生と話しながら色々と考え、反省し、
今後、その先生にトレーニングをお願いすることになりました。
トレーニングと言っても、先生がトレーニングするのは犬でなく飼い主。
(これは訓練所に犬を預ける場合を除いたら、今はみなそうだと思いますが)
「簡単ではない」と何度も言われましたし、
5歳半と3歳の姉妹を今までと同じ環境でトレーニングするのが難しいことは
私も解っているつもりです。

でも・・・これで生活の制限が少しでも減るならやってみる価値は大いにあるし、
もし、私の夢がかなえられたらバラ色(大げさ~!)の生活が待っている。
さらに、こうやってべっちゃんの吠えグセやモカ姉さんの横暴な行動を矯正できたら
同じ悩みを持っている飼い主さんたちを励ますことにもつながるだろうし
なんと言っても、同じような癖を持ったがゆえに飼育放棄された犬達を
お預かりできるようになるかも知れない・・・
私の夢は果てしなく大きく膨らんだのでした(笑)

そして、さっそくその日からトレーニングスタート!
と言っても、いきなり訓練を始めるのではなく、次回のセッションまでに
与えられた課題を守って生活することでした。

・・・トレーニングに関する注意や指示は先生の企業秘密もありますし
私の力では先生のおっしゃった意図を正確に表現することはどだい無理。
さらに愛犬や飼い主の性格や生活状況によって
同じ悩みでも対処法がちがってくると思いますので
内容について詳しく書くことは差し控えさせていただきます。
しかし、何も書かないのでは「姉妹の成長記録」というこのブログの意味がなくなるうえ
見守ってくださっている方々にも申しわけないので
今後は大まかにトレーニングの現状と進捗などを記していこうと思います。
(さらにつづく・・・いつも長文ですみません)

※今日のお写真はモカ姉さんのかわいい寝姿♪
 いつ見てもおもわず笑ってしまいますよ~
f0121712_1274585.jpg

f0121712_1275667.jpg

f0121712_128792.jpg

f0121712_1281974.jpg

by mochamama | 2009-09-24 22:59 | 我家のこと | Comments(2)

    

保護犬出身の愛犬たち、モカ・ベス・太雅の3わんと、保護預かり中の犬たちの日常を綴ります。
by mochamama
☆我家の紹介☆
【新浦安在住;夫婦と
3わん&預かりっ子の
ドタバタ生活記録です】
★モカ
(バセット・ハウンド)
我家の長女
誕生日;2004年
5月頃?(推定)
2005年11月に
保護団体から
我家に来ました。
性格は頑固で自分勝手
飼い主より食べ物が好き
な超食いしん坊娘。
チャームポイントは
上目遣いの赤いお目目
とネバネバのヨダレ。
趣味は匂いをかぐこと。

★ベス(和犬MIX)
我家の次女
誕生日;2006年
10月26日(推定)
生後間もなく保護団体
にレスキューされ
そのまま一時預かり
の我家の次女になった
おしゃべり犬。
性格はビビリのくせに
強がり。
そしてすごい甘ったれ。
チャームポイントは
ドスの効いた唸り声と
フサフサのお尻尾。
趣味は知らない人と
他のわんこを威嚇
すること。

★太雅<タイガ>
(長毛の秋田犬)

我家の長男
誕生日;2012年
頃(推定)
動物愛護センター出身
昔ながらの秋田犬の
性質を色濃く持つ暴君
実はすごいビビリで
で甘えん坊
チャームポイントは
人を惑わす笑顔(笑)
家族以外の人間は
触れません><

★モカパパ(人間)
ヘビメタとお笑いを
こよなく愛する
インドア派。
ビール大好き底なし男。
性格はモカそっくりで、
食べること命!
趣味はギター集め。

★モカママ(人間)
このブログの管理人。
秋田犬を中心に
捨てられた犬の
レスキューをしています。
退職後のんびりした
専業主婦を目指すも
個性的な姉妹と
預かりっ子のお世話に
髪を振り乱す日々。
ワインと熱燗が
大好きなのんべえ♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
モカママさま ほと..
by 秋田犬 純 at 09:34
> もぐぞうさん そう..
by mochamama at 15:00
なんと!太雅くんあんなと..
by もぐぞう at 10:23
> ふうさん いえいえ..
by mochamama at 06:35
モカママさん、こんばんは..
by ふう at 00:26
> ワワンダさん あ・..
by mochamama at 22:56
> ワワンダさん 一日..
by mochamama at 22:53
タイガ心と秋の空(゚∀゚)
by ワワンダ at 22:47
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
検索
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧